ダイヤのA 150話 ネタバレ 感想 由良総合戦 青道の反撃

漫画「ダイヤのA act2」、最新150話「ナベチェック」のネタバレ感想です。青道対由良総合。沢村はマウンドへ伝令に来た降谷の言葉で本調子に戻る。しかし由良総合の榊監督の采配を前に苦戦が続く。

 

 

150話の続き、ダイヤのA 最新151話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 149話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 149話の振り返り

 

ダイヤのA act2 149話 ネタバレ

西東京予選、青道対由良総合。エースとして初のマウンドにたった沢村だったが、初回いきなりの得点を許す

タイムをとり、伝令の降谷がマウンドへ。降谷は沢村に代わろうか?と煽る。沢村は平常心を取り戻し続く4番にヒットを許すも小湊のファインプレーでワンアウト

しかしその間にサードランナーはホームイン。2-0となる。続くバッターもバントの構え。

ベンチの落合コーチは夏は一発勝負、手遅れになる前になんとかスべきだと考えていた。

 

ダイヤのA 150話 ネタバレ 感想

 

由良総合戦 青道の反撃
由良総合は送りバントで、ツーアウトランナー二塁とする
打席には長打のある6番の万波

外野守備はやや前進

沢村の初球をファウル
2球目を見送り、3球目もファウル
4球目を捕らえるも、倉持が拾いショートゴロに仕留める

 

 

ようやく一回の表の攻撃が終了する
倉持のファインプレーに興奮する沢村

「洋ちゃん ありがとう洋ちゃん サンクス!洋ちゃん」

御幸は榊監督に目をやりつつ、体勢を崩しきれなかったのはチェンジアップを狙っていたからなのかと考えた

 

ようやく1回の表終わりました・・・長かったーー
息が詰まる展開でしたねー
沢村も一息つけそうで、この隙に平常心を取り戻して欲しいです
って洋ちゃんにめちゃ笑った。沢村がどうかしてる感が伝わります(笑)
倉持を洋ちゃん呼びするのって初ですかねー

 

沢村は奥村と調整しようとするも川上の肩づくりをしているのに気づき
代わりに由井を誘った

「今日 何かおかしい・・・少しでも感覚取り戻してーんだ」

 

うわー心配・・・大丈夫ですかねー

 

 

 

由良総合の先発は3年でサウスポーの北方
1,2回戦に出場していない選手で青道にデータがないはずだった

バッターボックスには倉持
倉持は沢村を落ち着かせようと闘志を燃やす

初球を捕らえる。右中間を抜けたボール
その間に倉持は三塁まで進む

試合には出ていなかった北方だったが
ナベがブルペンに入っていた北方を調査してビデオを撮っていたのだった

 

ナベチェックさすが!!いい仕事する!

 

続くバッターは小湊
初球を捕らえて2塁打
倉持がホームインとなる

 

たのもしーー倉持がいきなり3塁打ってすごい。テンションあがります
この回で同点は確実でしょうか
あとは沢村の精神状態次第ですかねー
榊監督揺さぶってきそうですが、片岡監督との監督勝負がみたいです!

 

 

 

由良総合 対 青道
一回 2 – 1

 

ダイヤのエース 151話へ続く
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。