ダイヤのA 151話 ネタバレ 感想 由良総合戦 青道の逆襲なるか

漫画「ダイヤのA act2」、最新151話「同じ球」のネタバレ感想です。青道対由良総合。沢村は倉持のファインプレーに助けられようやく1回を折り返す。青道のバッテリー陣は倉持がスリーベース、小湊がツーベースヒットと長打が続き1点を返した。

 

 

151話の続き、ダイヤのエース 最新 152話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 150話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 150話の振り返り

 

ダイヤのA act2 150話 ネタバレ

西東京予選、青道対由良総合。2点を先取された沢村。続くバッターはバントの構え

バントされてランナー二塁。打席には6番の万波が。粘る万波、沢村のチェンジアップを狙い撃ちするも倉持がファインプレーでアウトに

ようやく由良総合の攻撃を終えて、1回裏青道の攻撃。1番の倉持はデータがないはずの今大会初登サウスポー投手の初球をヒットに。一気に三塁まで進む。続く小湊も2ベースヒット。青道は早々に1点を返した

先発で3年、サウスポーの北方のデータを実はナベが事前に調査していたのだった。

 

ダイヤのA 151話 ネタバレ 感想

 

青道 対 由良総合 同点へ追いつけるか?
小湊に続く白州は内野安打に終わる
しかしその間に小湊は3塁へ
続く4番御幸を榊監督は歩かせるよう指示する

ランナー1,3塁
続くバッターは前園
ここで由良総合はベンチから伝令が走る

 

 

 

白州がサクッとアウトになっちゃって残念
ゾノとの勝負を選ばれちゃったわけですが・・・ぶっ飛ばして欲しい!

 

北方の初球は大きく縦に割れるカーブでストライク
2球目のモーションで御幸が盗塁を決めてランナー2,3塁となる
しかし北方は動じず、2球目もアウトコースいっぱいのカーブでストライクの判定

3球続けてのカーブに前園は反応するがセカンド正面となりツーアウト

 

せっかく同点のチャンスだったのに残念です
しかも北方全然投げてないですよね。前園も3球で仕留めたし
これはしばらくはまだ北方の投球が続くのかな

 

続くバッターは東条
由良総合は先程のアウトで勢いがつき、選手たちからピッチャーへ声がかかる
榊監督はグラウンドを見つめながら、敵味方関係なく選手たちの考えてることがわかるようになったのは
いつからだったろうかと考える

「みんな必死で一生懸命だから 態度に出る 仕草に出る 表情に出る」

 

北方の初球をレフトへ打ち上げた東条だったが、危なげなくキャッチされてスリーアウトに

 

 

 

片岡監督は攻めた結果だ切り替えろと選手たちを守備へ送り出す
沢村へ声をかけ拳を前に突き出した
沢村は皆の想いを胸にグラウンドへ向かう

 

榊監督、強敵ですね。この後もしばらくは榊監督の想定通りの試合展開となりそうな予感
片岡監督にも一矢報いてほしいですが、とりあえず沢村が本調子に戻るのを期待ですね
2回には戻れるかなー、それとも榊監督が何かしてくるでしょうか

 

由良総合 対 青道
一回 2 – 1
二回 0 –

 

ダイヤのエース 152話へ続く
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。