ダイヤのA 154話 ネタバレ 感想 由良総合戦 沢村まさかの降板

漫画「ダイヤのA act2」、最新154話「込めたもの」のネタバレ感想です。青道対由良総合。3回の由良総合の攻撃をなんとか凌いだ沢村、しかし由良総合もエース東山を投入、青道は得点ならず。続く四回の表、ピッチャーの東山相手に沢村はフォアボールを出してしまう。

 

 

154話の続き、ダイヤのA最新155話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 153話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 153話の振り返り

 

ダイヤのA act2 153話 ネタバレ

西東京予選、青道対由良総合。三回の由良総合の攻撃をなんとかしのいだ沢村。続く青道の攻撃に由良総合はエースの東山をマウンドへ

前の2試合ではストレートでおしてくる投手だった東山。倉持たちはストレート狙いだったがスライダーで東山はストライクを重ね3人でこの回を終える

続く4回、沢村はワンアウトを奪うも北方フォアボールで歩かせてしまう。ここで青道はタイムを取る。片岡監督はブルペンで肩を作っていた川上をマウンドへ走らせた

 

ダイヤのA 154話 ネタバレ 感想

 

由良総合 対 青道 4回の表
沢村の元へ走る川上
片岡監督はピッチャー交代を指示した
川上は沢村にミットを差し出す

「お前の気持ちはみんなに届いてるよ・・・あとは俺達に任せてくれるか?」

 

 

 

沢村はボールに想いを込めてから川上にマウンドを託した

「込めときました」

 

川上、先輩らしい声掛けでした
沢村の想いを込めるシーンは胸が痛いですね・・・

 

片岡監督はベンチに戻ってきた沢村に
これ以上向こうにつけ入る隙を与えたくなかったと交代の理由を説明

降谷は沢村に無言でドリンクを手渡した

 

沢村と降谷のやりとり、相変わらずで笑いました
肩作ってない理由が「思ったより早かったから」って正直すぎ(笑)

 

沢村はグラウンドに向けて大きく声を出し応援する

予想外の交代だったが攻め入るチャンスと考えた榊監督
ここで川上を崩し大ダメージを与えようと企む

 

 

 

川上はマウンドに立ち、沢村へ想いを馳せる

「ありがとな 俺達は3年だから・・・覚悟だけはできてる」

川上は初球をストライク
続く2球目
榊監督はインコースに投げてくると読み、サインを出す
川上はフロントドアでツーストライクとした

 

フロントドア!?って由良総合の選手と同じ反応でググりました(笑)
一瞬デッドボールかと思わせる・・スライダーなんですね

川上パイセン、かっこいい技持ってる!!
川上がなんかかっこいいの久しぶりですね!!

この調子で逆点してほしいです

 

由良総合 対 青道
一回 2 – 1
二回 0 – 0
三回 0 – 0
四回 0

 

 

ダイヤのA 155話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。