ダイヤのA 166話 ネタバレ 感想 八弥王子戦 青道の追加点

漫画「ダイヤのA act2」、最新166話「サマーエンジェルズ」のネタバレ感想です。西東京予選。青道対八弥王子、先発の降谷は八弥王子のバッテリーを完全に抑え5回まで10奪三振と好調。降谷の好投に応えるべく、フォアボールで出塁した倉持が盗塁を成功させる。続く小湊がセンター越えのヒットを放つ

 

 

166話の続き、ダイヤのA最新167話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 165話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 165話の振り返り

 

ダイヤのA act2 165話 ネタバレ

青道対八弥王子による西東京予選。5回表、この回も危なげなく降谷は三者三振とする

球速155kmと自己最速を記録した。沢村は降谷の好調ぷりを見てやる気をみなぎらせる

五回裏の青道の攻撃、フォアボールで出塁した倉持は盗塁で2塁へ。続く小湊がヒットを放ち・・・

 

ダイヤのA 166話 ネタバレ 感想

 

八弥王子戦
五回裏
小湊のツーベースヒットで倉持がホームイン
2塁で高々と右手を上げる小湊
沢村は春様は青動のブラックサマーエンジェルだと大声で興奮
八弥王子の選手たちはその言葉が気になる
小湊は赤面

 

 

 

春様かわいいですね(笑)
ようやく追加点来ました!

 

ホームインした倉持は小湊が以前
ピンチの場面でピッチャーが迎えたくないバッターになりたいと言っていたことを思い出す

続く白州もヒットを放ち
連続タイムリーとなる

沢村は「THEアサシン サイレントキラー!!」と声援をおくる
奥村は呆れて、投げないなら戻ろうと声をかける

バッターボックスには御幸
前回の打席のイメージを思い出しつつもここはフォアボール

興奮して投球そっちのけとなった沢村
奥村は沢村を放っておいてベンチへと歩きだす

 

沢村の応援(笑)
ツッコミ役の奥村の登場でますます笑いが冴えてきましたね

 
 

 

前園は大きいあたりは必要ない、ショートかセカンドの頭を越えるようにとイメージする
身体の正面で捉えることを意識してスイングすると
ボールはネットを越えてホームランとなった

 

ゾノきたーーーー
前園って凄いのかようわかりませんでしたが・・・凄いじゃん!

 

戦意喪失するかと思いきや
八弥王子の川端は全国へ行けばこんなチームがゴロゴロしているのかと興奮
甲子園への想いを強くし
降谷の打ち返したボールをファインプレーで拾いアウトとする

 

川端諦めてませんが、これで試合決まった感ありますよね!
前園GJ!!

八弥王子 対 青道
一回 0 – 0
二回 0 – 0
三回 0 – 1
四回 0 – 0
五回 0 – 5

 

ダイヤのA 167話へ続く
 

 

 

コメントする