ダイヤのA 167話 ネタバレ 感想 青道 対 八弥王子 川端の過去

漫画「ダイヤのA act2」、最新167話「今の俺」のネタバレ感想です。西東京予選。青道対八弥王子。青道は五回裏の攻撃、小湊、白州のタイムリーに続いて前園がホームランを放ち、この回一気に5点の追加点とする。

 

 

167話の続き、ダイヤのA最新168話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 166話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 166話の振り返り

 

ダイヤのA act2 166話 ネタバレ

青道対八弥王子による西東京予選。5回裏、小湊のツーベースヒットで倉持がホームイン

続く白州もタイムリー、御幸はフォアボールで出塁。バッターボックスには前園

前園はボールを体の正面で捉えることを意識してスイング。打ち返したボールはフェンスを越えた

 

ダイヤのA 167話 ネタバレ 感想

 

青道 対 八弥王子
6回裏の青道の攻撃
結城に代わって由井がバッターボックスに
初球を捕らえツーベースヒット

観客席では世界大会キャプテンの由井薫かと話題に

 

 

 

由井がいきなり活躍してる!!
よかったねーーー
ようやく出番!!

冒頭に試合見ていた強面のチームは次の対戦相手でしょうか

 

続く金丸、小湊もヒットを放ち
2点追加

 

7回表
この回で八弥王子が2点返さなければコールドとなる

降谷は11奪三振
まだノーヒットノーランだった

バッターボックスには川端
「このまま終わらせてたまるかよ! さぁこい!!」と気合を入れる
降谷の速球をしっかり見極め、粘る川端
高校入学後、すぐに父が病で亡くなったことを思い出していた

 

 

野球を教えてくれた父を亡くした現実を受け入れられなかった川端は
毎日身体を酷使し、練習を続けた
1年の秋にスタメンとなり、試合に出るようになると母と妹が応援に来てくれていた

「あの日の俺が今の俺を作った 俺はまだ 全部出せていない」

 

泣かせる!!川端の過去エピ
こんなの見せられたら川端応援しちゃいますね

 

降谷の球を弾き返し、初ヒットを放つ
湧く八弥王子ベンチ
続くのは4番黒瀬

沢村はここで決めろとつぶやく

グラウンドに立つ青道メンバーも皆
これで終わらせようと誓う

 

 

 

次回でコールド勝ちとなりそうですね
川端は試合後どんな表情を見せるのでしょうか
最後の最後でお父さんのこと知っちゃったので・・・せつなすぎます

 

八弥王子 対 青道
一回 0 – 0
二回 0 – 0
三回 0 – 1
四回 0 – 0
五回 0 – 5
六回 0 – 2
七回 0

 

ダイヤのA 168話へ続く

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。