ダイヤのA 168話 ネタバレ 感想 青道 対 八弥王子 決着

漫画「ダイヤのA act2」、最新168話「死力」のネタバレ感想です。西東京予選。青道対八弥王子。青道は6回裏の攻撃、由井、金丸、小湊のヒットで2点を追加する。得点しないとコールド負けが決まってしまう7回表、川端は初ヒットを放った。

 

 

168話の続き、ダイヤのA最新169話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 167話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 167話の振り返り

 

ダイヤのA act2 167話 ネタバレ

青道対八弥王子による西東京予選。6回裏の青道の攻撃、代打の由井がツーベース

続く金丸、小湊もヒットを放ち2点追加。7回表、11奪三振ノーノーの降谷の前に川端

中学の頃亡くした父の事を思い出し、ヒットを放つ。

 

ダイヤのA 168話 ネタバレ 感想

 

青道 対 八弥王子
出塁した八弥王子の川端に続き、バッターボックスには黒瀬

初球はストライク
続くボールを黒瀬は見極めてボール

 

 

黒瀬は自分自身に当てに行かずしっかり振り切れ
自分たちがやってきたことは無駄じゃないと言い聞かせる

 

ドキドキするーーーーー
しかし、ルックス的にこの黒瀬には打たれてほしくない(笑)

 

続く3球目
黒瀬が打ち返したボールに倉持が反応
セカンドのカバーに小湊が走り
すぐさまファーストへ送球
ゲッツーとする

 

倉持、小湊コンビかっこいい!!
盤石な守備ですね

そして、降谷の3球目の剛速球もまたど迫力でした!!
スピードが伝わる描写でした

 

 

 

川端はセカンドにたどり着けず
そのままグラウンドに仰向けになって倒れたまましばらく動けなかった

続くバッターをレフトフライに討ち取り
青道は8-0の7回コールドで八弥王子に勝利
5回戦進出を決めた

 

川端がグラウンドに寝転がってて試合終了かと思ったら
まだいるじゃんねー(笑)

 

試合後
涙する八弥王子の選手たち
川端はメンバーに声をかけた後、母と妹の元へ
2年半のサポートに感謝を告げて頭を下げる
川端は頭を下げたまま
ふたりを甲子園へ連れていけなかったことを心の中で父に謝り
涙が止まらなくなった

 

 

 

八弥王子戦
終わってみれば圧倒的な点差でしたねー
川端のお父さんエピは反則です。泣いちゃう

降谷復活!安心して見れましたね
次は沢村の番ですよね、さすがにもう緊張はしないかな

それとも次戦まさかのノリ先輩先発?

 

八弥王子 対 青道
一回 0 – 0
二回 0 – 0
三回 0 – 1
四回 0 – 0
五回 0 – 5
六回 0 – 2
七回 0 – X

 

ダイヤのA 169話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。