ダイヤのA 169話 ネタバレ 感想 次戦の相手 法兼学園を分析

漫画「ダイヤのA act2」、最新169話「見据える先」のネタバレ感想です。西東京予選。青道対八弥王子。八弥王子は点を取り返さないとコールド負けとなる7回。しかし降谷の前に敗れてしまう。試合後、八弥王子の川端は母と妹に感謝する。

 

 

169話の続き、ダイヤのA最新170話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 168話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 168話の振り返り

 

ダイヤのA act2 168話 ネタバレ

青道対八弥王子による西東京予選。2点取り返さないとコールドとなる7回表

出塁した川端に続こうと黒瀬が息を吐くも、小湊と倉持のナイスプレーでゲッツー

最後のバッターを討ち取り、青道が勝利。試合後、川端は母と妹の2年半のサポートに感謝。

 

ダイヤのA 169話 ネタバレ 感想

 

八弥王子戦、その後
降谷は沢村に「繋いだから・・」と言い残し、先に学校へ戻る

沢村は自分が1番もらったからといって
降谷に勝ったわけでも、降谷の分まで投げられるわけでもないと
改めて自分が一人で思い上がっていたのだと反省する

 

 

 

降谷から沢村へとバトンが手渡されたシーン
アツいです!!
あんまり言葉数多く語るわけじゃなくプレーで語る降谷

華があるのはやっぱり沢村より降谷ですねー

 

倉持たちは次の対戦相手となるであろう法兼の試合を観戦
対する市大学園の低めのボールに狙いを定めてアッパースイングする

青道の選手たちはフライボール革命の影響だろうと盛り上がる
意味がわかっていなさそうな沢村のために奥村が解説
打球に角度をつけて打ち上げるメジャーを席巻している打撃理論だという

 

 

小湊が八弥王子の3打席目で放ったヒットは
アッパー気味にスイングした結果だった
小湊は誰でもアッパースイングにするのは危険で、アッパースイングが苦手なコースは高めで
打てるコースも限られると評す

御幸は法兼のバッターには荒さも目立つので
沢村のナンバーズは捉えにくいのではと話す

沢村はそれは自分のピッチングができてこそ
早くマウンドに立って証明したいと応える

 

次の対戦相手、法兼学園
皆顔が怖い!!
監督もなんか・・・怖そうな人だ

メジャーを席巻する打法を使うパワーチームと対戦とはピッチャー冥利につきますね!
沢村復活なりますかねーーー

 

 

 

学校では結城と由井が気合の入った自主練に精を出す

法兼は11-3でコールド勝ち

落合コーチは日曜の試合まで丸2日空いているから
状況によっては降谷に次の試合でも投げさせられるかもと話す

法兼戦の前日の土曜日には薬師と市大三高の試合が予定されていた
奥村はなべと共に試合を観に行きたいと申し出る

寮の部屋に戻った沢村のスマホに天久からLINEが届く

 

LINEそういえば交換してましたね(笑)
天久はLINEする余裕があるってことで勝利するのは今度こそ市大なのでしょか

薬師 対 市大楽しみです

 

ダイヤのA 170話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。