ダイヤのA 173話 ネタバレ 感想 薬師 対 市大三高 天久の反撃

漫画「ダイヤのA act2」、最新173話「待ってんだろ?」のネタバレ感想です。市大三高 対 薬師。薬師は対天久対策として雷市の打順を2番に変えてきた。雷市と天久の1打席目、天久は秋大会で三振を奪ったスライダーを繰り出すも雷市はライトへと打ち返した

 

 

173話の続き、ダイヤのA最新174話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 172話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 172話の振り返り

 

ダイヤのA act2 172話 ネタバレ

薬師 対 市大三高 薬師は打順を変えて雷市を二番打者に。

市大三高の天久は雷市のことを意識しすぎて、先頭打者の秋葉にヒットを許してしまう

続く雷市との勝負。初球は秋大会で三振を奪った膝下へのスライダー。しかし雷市はライトのフェンスへとボールを運ぶ

 

ダイヤのA 173話 ネタバレ 感想

 

扉絵は練習サボってグラウンドで眠る天久
ということは・・・・天久のターンくるのかーー?

 

 

 

薬師 対 市大三高
ノーアウト ランナー二・三塁

更にここからクリーンナップを迎えピンチが続く天久の元へ市大三高の選手達が集まる
しかし天久は焦る様子もなく、相手は轟だったんだからホームランにならなかっただけで十分だと話す

 

市大三高、天久ボーイを心配して集まって仲の良さが伝わります
「心配して損した」発言とかニヤけちゃいます

 

バッターボックスには真田
吹奏楽部がSee offを演奏する中、天久の初球は真田の望み通りのストレート
149kmを記録したストレートに振り遅れ、ワンストライク

市大三高の田原監督は天久を見つめながら、秋以降何度かエスケープ騒ぎを起こしながらも
向上心だけは失わなかったと信頼を置く

 

エスケープ騒ぎ(笑)

 

2球目は春大会でも使ったカーブ
見送りのツーストライク

 

 

三球目はスライダー
真田は三振に終わる

 

続く三島もサクッと三振に

 

あぁ。。。ミッシーマがいいかけてた
西東京投手ランキングベストスリーの3人が気になる(笑)
3位が天久で、2位は真田、1位は成宮ですか?
青道誰も入っとらんがな・・・

 

天久は三島には全くときめかないと考えていた

続くバッターは友部
ただでは終わらないと意気込む
天久は1年で先発、クリーンナップの友部が期待されているゴールデンルーキーなのだろうと理解
気迫の投球で、友部も三振に抑える
最後のストレートは151kmをマークした

 

 

 

前話172話で雷市に打たれた時はもう万事休すかと思ったんですが
まさかここから立て直して三者三球連続三振とかかっこよすぎます

次回174話は市大の攻撃ターンですが・・・打てるんだろうか

 

ダイヤのA 174話へ続く
 

“ダイヤのA 173話 ネタバレ 感想 薬師 対 市大三高 天久の反撃” への2件のコメント

  1. あなたは青道メンバー誰も入ってないとか言ってましたが、あくまで先輩部門。同い年の降谷と沢村が先輩部門入るわけないだろ。

    1. アシュラさん

      コメントありがとうございます!先輩部門だったのですね、失礼しました

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。