ダイヤのA 174話 ネタバレ 感想 薬師 対 市大三高 薬師の守備力

漫画「ダイヤのA act2」、最新174話「薬師の弱点」のネタバレ感想です。市大三高 対 薬師。ノーアウト、ランナー二・三塁で薬師のクリーンナップを迎え撃つ天久。見事3人とも三球三振に抑える。

 

 

174話の続き、ダイヤのA最新175話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 173話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 173話の振り返り

 

ダイヤのA act2 173話 ネタバレ

薬師 対 市大三高 ノーアウトランナー2,3塁のピンチにマウンドに集まる市大三高の選手達

当の天久は雷市相手なら上出来だと気にしない様子。続くバッターの真田を三球三振に抑える

三島、友部も天久の前に三振に終わり、天久は薬師の攻撃の芽を摘む

 

ダイヤのA 174話 ネタバレ 感想

 

市大三高 対 薬師 1回裏

マウンドには先発の友部
市大三高の先頭打者はレフトの千丸

千丸は春大ではベンチだった選手で、もともとは投手として入学していた

 

 

 

友部は監督から3点までと言われていたが
一点も獲られるつもりはなかった

 

千丸は友部の気迫の入った初球を捕らえツーベースヒットを放った

 

千丸ボーイ、寝不足気味な顔だけどいきなりの長打!
まさにRespect

 

続くサードの森
バントに見せかけたヒッティングだったがセカンドの増田が好守を見せ
1アウトランナー3塁

ここから市大三高のクリーンナップが登場

3番センターの宮川、4番ファーストの星田、5番ライトの佐々木と続く

 

 

 

どうやっても点が入るんじゃ、と天久
田原監督は試合前のノックから薬師が守備を鍛え上げてきたのがわかると気を緩めない

 

守備まで強化しちゃったら薬師最強ですね
この回0点フラグでしょうか・・・

 

三島や雷市は友部に心配は要らないと声援を送る

宮川に対してツーストライクと追い込む
3球目のスライダーをすくい上げる
阿部がフライをキャッチしようとするのを見て、千丸は肩が強い選手じゃないからホームまで行けるだろうと考えるも
三塁コーチがストップをかける

阿部はストライク返球でバックホームする

バッターボックスには星田が登場

 

 

 

3塁コーチ、グッジョブ!
この流れだと続く星田ボーイも友部が先輩のフォローでなんとかしのぐのでしょうか
3塁に走者を置いてクリーンナップ相手に0点できりぬけれたら、友部も自信が付き更に守備が強固になりそうですね
ここで1点でも獲っておかないと、市大三高はヤバイかも?

 

ダイヤのA 175話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。