ダイヤのA 178話 ネタバレ 感想 市大三高 対 薬師 真田大活躍

漫画「ダイヤのA act2」、最新178話「サーモグラフィー」のネタバレ感想です。市大三高 対 薬師。雷市は天久の新球を前に三振に終わる。薬師はエース真田を投入。市大三高の田原監督は千丸にバットを短く持つように指示。千丸はセカンドゴロに終わる。

 

 

178話の続き、ダイヤのA最新179話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 177話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 177話の振り返り

 

ダイヤのA act2 177話 ネタバレ

薬師 対 市大三高 天久の新球を前に三振に終わった雷市。これまで見たことのない球に大興奮

天久は曲がりきらないスライダーである新球のことを「スライ」と呼んでいた。薬師はこれ以上市大を勢いづかせまいとマウンドへ真田を送り込む

真田相手に田原監督は選手達にバットを指二本分短く持つよう指示した

 

ダイヤのA 178話 ネタバレ 感想

 

薬師 対 市大三高 三回裏
真田の内角攻めの投球を森に打ち返されるも、雷市がファインプレーでツーアウト

バッターボックスには宮川
宮川もバットを短めに持つ

 

 

 

さすがに田原監督の指二本分のサイン続き過ぎだし、もう必要ないんじゃない?(笑)

 

真田は強豪に謙虚になられるのが一番怖いと気を引き締める
チャレンジャーであることに徹し内角を攻め続け、宮川を三振に

 

真田かっこいい。。。。これぞエース!!

 

轟監督は自分の狙いを体現してくれる真田のプレーに震える
盛り上がる薬師ベンチ

 

攻守入れ替わり
バッターボックスには真田
センター前へと弾き返し、ランナー一塁

 

 

 

轟監督はスライダーには後半目がなれてくるから
当てに行くだけのようならしくないスイングはするなと指示

バッターボックスには三島
天久は冷静に3人を三振に抑えるも、薬師のベンチの温度が上がったことを確信していた

 

ミッシーマ、絶対打つ雰囲気だったのに。。。
天久ボーイも真田に負けてませんね

 

観客は、天久のボールになる変化球が減った気がすると話す

 

攻守交代
真田の初球を星田が大きく打ち返す
しかしライトフライに終わる

 

 

 

星田もダメかーー。真田ノッてますねー
スタミナだけが心配ですね

 

バッターボックスには佐々木
真田は雷市がこのまま終わるかよ、と気合を入れる

 

今回は攻守ともに真田回でしたね
ラストの雷市への想いを考えると、次の打席、雷市が何かやってくれそうな予感です

やっぱり今回も薬師が勝つのでしょうか
まずは同点にしなきゃですね

 

薬師 対 市大三高
一回 0 – 1
二回 0 – 0
三回 0 – 0
四回 0 –

 

 

 

ダイヤのA 179話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。