ダイヤのA 184話 ネタバレ 感想 薬師 VS 市大三高 市大クリーンナップ

漫画「ダイヤのA act2」、最新184話「己の中」のネタバレ感想です。市大三高 対 薬師。八回表、雷市に続き真田が出塁。同点のチャンスにバッターボックスには三島。三島は天久のスライを捕らえて見事同点打を放った。

 

 

184話の続き、ダイヤのA最新185話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 183話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 183話の振り返り

 

ダイヤのA act2 183話 ネタバレ

薬師 対 市大三高 8回表、雷市に続き真田は天久の甘い球を見逃さず、出塁

続く4番三島は4番の意地を見せ、天久の新球スライを打ち返す。あわやゲッツーという場面。その間に雷市はバックホーム、真田はアウトとなるが三島はなんとか1塁へ進み薬師はついに同点へ

 

ダイヤのA 184話 ネタバレ 感想

 

薬師 対 市大三高 8回裏

薬師同点のニュースが青道メンバーにも届く
勢いづいた薬師は怖いぞという御幸の言葉に、沢村は視線を落とし天久の準決勝で会おうというLINEメッセージを思い出した

 

 

 

うわ・・・なんだろちょっとセツナイ
LINEでつながってるの今更だけどなんかイイですね

 

ベンチに座りタオルで顔面を覆う天久
選手たちに指示を出す田原監督、控えのピッチャーがブルペンに入る
心の中ではもう帰りたくなっていた
プレーを振り返り、真田のヒットが余計だったと反省
何度もやらかしてしまう自分を責め自己嫌悪に

 

天久・・・ちゃんと反省してるのは良いことだけど。辛いですね見るの。
こういう時は誰も声かけられないんですね。リアル。

 

市大三高の攻撃
3番の宮川が出塁
4番の星田がバッターボックスへ

 

 

同点になり盛り上がる薬師守備陣

星田は真田相手に粘るも内野ゴロに
セカンドはアウトになるが星田はヘッドスライディングでなんとか1塁へ

 

何も言わずエースをバッティングで援護!!したかったけど
早くもツーアウトかーー

 

続く5番の佐々木
真田気合の投球で三振となる

薬師、轟監督はクリーンナップをしのげたのは大きいと手応えを感じる
真田の足の状態を確認
真田は全然大丈夫で、今投げるのが楽しいと応えた

 

おお、懸念は真田の足だったんですけど
問題なし!!
両チーム全力でぶつかれて最高です!!

 

 

 

マウンドへ向かおうとする天久に田原監督が問う
まだ心にファイアーは灯っているかと
虚を突かれた天久、選手たちはその答えに注目する

天久はYES!と自信を持って応えた

 

天久ボーイ復活でしょうか
ファイアー灯して不死鳥のごとくこの回は問題なく抑えてくれそうですね
となると、9回裏の市大の攻撃に注目ですが・・・絶好調の真田相手だと延長になりそうな予感ですね

 

薬師 対 市大三高
一回 0 – 1
二回 0 – 0
三回 0 – 0
四回 0 – 0
五回 0 – 0
六回 0 – 1
七回 0 – 0
八回 2 – 0
九回

 

 

 

ダイヤのA 185話へ続く
 

「ダイヤのA 184話 ネタバレ 感想 薬師 VS 市大三高 市大クリーンナップ」に1件のコメントがあります

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。