ダイヤのA 185話 ネタバレ 感想 市大三高 薬師戦 天久 対 真田

漫画「ダイヤのA act2」、最新185話「張り合い」のネタバレ感想です。市大三高 対 薬師。八回裏、同点に追いつかれてしまった市大三高はクリーンナップが真田に立ち向かう。星田のヘッドスライディングも虚しく無得点に終わるが、その融資に天久は闘志を取り戻した。

 

 

185話の続き、ダイヤのA最新186話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 184話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 184話の振り返り

 

ダイヤのA act2 184話 ネタバレ

薬師 対 市大三高 8回裏、同点に追いつかれ落ち込む天久。ベンチで沈む天久を援護しようとクリーンナップが奮闘

3番の宮川が出塁、4番の星田は内野ゴロとなるもヘッドスライディングを見せる。無得点に終わった市大三高の攻撃、しかし天久はエースとしての責務を果たすべく闘志を復活させマウンドへ向かう

 

ダイヤのA 185話 ネタバレ 感想

 

扉絵は天久と真田の両エース
かっこいい扉絵でした!

 

 

 

薬師 対 市大三高 9回

田原監督はここからは気持ちが強いほうが勝つと選手たちを送り出す
生気を取り戻した天久は自らのプライドを守るため、好投を見せ9回表を無失点で終える

 

あっという間に薬師の攻撃終わってしまいました
下位打線なのでしょうがないんですかね

絶好調天久!必死な天久も好感持てます。いい感じですね!

 

天久のピッチングに闘志を燃やす真田
市大三高打線を内野ゴロ、三振と抑え
ツーアウトノーランナーでバッターボックスには天久

 

投げて打って、決めるとこで決める真田をかっこいいと認めつつ
負けたくないと考える天久

 

 

観客席ではナベが延長に入れば、後攻めの市大が有利ではと話す
高島は10回には轟に打席が回る、「2番」轟が効いてきたと応じる

 

確かに天久がもう1回、雷市と勝負となると不安ですね・・・

 

真田は天久が自分を意識していることに気づく
初球は空振り
2球目はインコースにシュート。これは手が出ない
天久は野性味あふれる荒々しい真田のピッチングに感心し、生まれ変わったらこんな男になりたいとまで考える
真田の3球目を天久は打ち返した

 

天久確かに真田に打たれるまで真田のこと眼中にない感じだったのに
早くも生まれ変わりたいというまで評価変わるとは(笑)

 

 

天久はこの試合初ヒットとなるのでしょうか
ここで繋がれば、サヨナラのチャンスですかねー
延長だと・・・雷市・真田・三島打線にヤラれちゃう展開でしょうか

 

薬師 対 市大三高
一回 0 – 1
二回 0 – 0
三回 0 – 0
四回 0 – 0
五回 0 – 0
六回 0 – 1
七回 0 – 0
八回 2 – 0
九回 0 –

 

 

 

ダイヤのA 186話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。