ダイヤのA 192話 ネタバレ 感想 法兼戦 1回裏 青道打線が爆発

漫画「ダイヤのA act2」、最新192話「経験値」のネタバレ感想です。青道 対 法兼。1回裏、マウンドには元帝東に進学した卜部が。144kmを記録したボールにも負けじと倉持が出塁。そして続く小湊は球を見極めてフォアボールで出塁する。

 

 

192話の続き、ダイヤのA最新193話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 191話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 191話の振り返り

 

ダイヤのA act2 191話 ネタバレ

5回戦、青道 対 法兼 1回裏 マウンドには帝東に進んだはずの卜部が。卜部初の公式戦登板、初球は144kmをマーク。バッターボックスの持倉は2球目を捕らえ出塁する。

続く小湊は卜部の球を見極めフォアボールで出塁。静央はクリーンナップが続く。

 

ダイヤのA 192話 ネタバレ 感想

 

扉絵は青道のバッテリーのふたりと前園を除いた青道メンバー
「背中は任せろ」とは心強い!

法兼の卜部相手に青道打線が火を吹くか!?

 

 

 

法兼 VS 青道 1回裏

ノーアウト、1,2塁
バッターボックスには白洲

ネクストバッターズサークルの御幸はどういうピッチャーかわかっただろうから
ファーストストライクを狙っていけよと心の中でつぶやく

白洲はもちろんと応えたかのように、卜部の初球を捕らえる
打球はフェンスを越えホームランに

 

うおおおおお!!白洲さん渋い!!
3ランとか御幸のお株を奪う大活躍です

 

卜部は自己最高の急速146kmをマークしたのにもかかわらず打たれたのかとショックを受ける
続く御幸にはフォアボール
前園はセンターライナーに打ち取る

 

 

 

ゾノ、良いとこなし!(笑)
扉絵にもいなかったし・・・前園ちょっと可哀想

 

東条は法兼の内野のミスで出塁
ワンナウトランナー2,3塁となる

 

まだ追加点有り得そうですね!!

 

大和田は法兼の守備が動揺していると指摘
峰はこの流れを作ったのは、データが無い中、出塁した倉持と
粘りを見せ、ボールを分析させた小湊だろうと考える

 

卜部確かにすごい投手なんだろうとドキドキしましたが
倉持・小湊コンビに崩された感ありますね

特に倉持は出塁させたら面倒ですねーー

 

 

 

バッターボックスには金丸
センター前へヒットを放つ
ランナーが2人戻り、この回5点となった

沢村は前夜に金丸、東条、小湊がバットで応援すると言ってくれたのを思い出しながら
笑顔で東条をベンチに迎え入れた

 

有言実行!2年大活躍ですね

 

続く麻生もツーベースで更に1点追加
1回裏、6点を奪った

 

麻生でオチかと思いきや・・・麻生もツーベース!!
その後攻守交代ということは沢村と倉持がアウトになったってことですかね
次は小湊からかな?

 

二回表の守備へと向かう沢村
御幸は4番からの打者にナンバーズも混ぜていくぞと指示する

 

 

 

はやくも試合が決まったような気がしますね
卜部はなんだか訳ありな感じもしたから、もう少し手強いイメージだったんですけどね
このままサクッと勝利するのか、それとも法兼の打線も爆発で
点の取り合いになったりするのでしょうか

 

法兼 対 青道
一回 0 – 6
二回

 

ダイヤのA 193話へ続く
 

 

 

「ダイヤのA 192話 ネタバレ 感想 法兼戦 1回裏 青道打線が爆発」に2件のコメントがあります

  1. オレンジフラワー

    AMETORICOさん

     白洲痺れました!
     146キロホームランする白洲の体幹とパワー、そんな大柄な選手じゃないですよね。
     見事な攻撃の後は沢村のナンバーズでキリッと締めてほしい。まだ1回だけど^_^

    1. オレンジフラワーさん
      コメントありがとうございます!
      御幸じゃなく白州なのが良かったですよね!
      この試合は危なげなくコールドで勝利な予感です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。