ダイヤのA 193話 ネタバレ 感想 法兼 対 青道 沢村のナンバーズ炸裂

漫画「ダイヤのA act2」、最新193話「本日のナンバーズ」のネタバレ感想です。青道 対 法兼。1回裏、卜部相手に白洲がホームラン。東条や金丸が続き、青道はこの回に一挙6点を奪う。2回表、法兼の攻撃を前に沢村と御幸はナンバーズも入れていこうと話をする

 

 

193話の続き、ダイヤのA最新194話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 192話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 192話の振り返り

 

ダイヤのA act2 192話 ネタバレ

5回戦、青道 対 法兼 1回裏 青道の攻撃。ノーアウトランナー1,2塁のチャンス、打席には白洲が。白洲は卜部の初球を捕らえホームランに

続く御幸はフォアボール、5番前園はアウト、6番の東条が出塁すると7番の金丸、8番の麻生がヒットを続けこの回6点を奪った。

2回表、法兼の攻撃を前に、御幸は沢村にナンバーズも混ぜていくと指示した

 

ダイヤのA 193話 ネタバレ 感想

 

法兼 VS 青道 二回表

法兼の4番打者からのスタート
初球は高めのストレートでストライク
2球目、3球目はファウル

 

 

 

法兼のバッター完全に白目のキャラだ・・・怖い

 

御幸は大ぶりだが鋭いスイング、そして徹底的に低め狙いだとバッターを分析
ナンバーズのサイン
沢村はナンバー7、カットボール改で応じ、見事ストライク

 

決まったー!気持ちいいですね!!ナンバーズはやっぱ必殺技感あるからテンション上がります

 

続く5番打者はピッチャーの卜部
失点を挽回しようと燃える

 

 

卜部は帝東へ進学するも周りとの熱量の差から2週間で退部
しかし野球をやはり諦められず転校したのだった

観客席にはお世話になったシニアコーチの姿も

 

卜部切ないですね。野球は好きだけど帝東のノリが合わなかったってことか。
回想シーンキタということは一発ありえるのでしょうか。

 

初球はファウル
お世話になってきた人に見てもらいたいと更に闘志を燃やす
沢村は卜部が失点をバットで取り戻そうと考えているのが解ると同情
でもこの夏は譲れないと低めに投げる
打ち返した卜部だが、ボールはファースト正面でアウトとなる

 

 

 

ズコーッ(笑)
回想シーンが一層切なくなる。アウトかよぉ
沢村絶好調ですね

 

法兼の監督は一振りで流れを変えられるのが野球だと続く6番の選手に期待を寄せる

初球はナンバー11、スプリットでストライク
奥村と由井は高めにはストレート、低めにはスプリットなんて低め狙いのバッターには悪魔のようなリードだと御幸のプレーに感心する

最後は高めのストレートで三振に抑え、この回も危なげなく終えた

 

 

 

法兼戦、この調子だとコールドで勝利でしょうか
次回は2回裏からやるんでしょうか、それとももういきなり試合終わりだったりするのかなー
沢村が本調子復活できて何よりですが、卜部はちょい切ないですね。しょうがないんだけど。

 

法兼 対 青道
一回 0 – 6
二回 0

 

ダイヤのA 194話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。