ダイヤのA 196話 ネタバレ 感想 法兼戦 青道打線再び爆発

漫画「ダイヤのA act2」、最新196話「健在」のネタバレ感想です。青道 対 法兼。4回裏、沢村は法兼のバッターたちを打ち取る。エースとしての役割を果たそうと必死な沢村。法兼-青道の試合を見ていたのは創聖高校だった。

 

 

196話の続き、ダイヤのA最新197話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 195話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 195話の振り返り

 

ダイヤのA act2 195話 ネタバレ

5回戦、青道 対 法兼 4回表、創聖高校が試合を観戦。青道の勝利を確信するメンバー、そんな中、奈良は無言で試合を見つめていた

法兼の打線を打ち取るも、沢村は最後の夏に懸ける選手達の想いを感じ楽に勝てる相手はいないのだと考える。

 

ダイヤのA 196話 ネタバレ 感想

 

法兼 対 青道 4回表

沢村は渾身の一球で法兼の4番打者を三振に討ち取る

 

いきなりのド迫力ピッチングでした
扉絵から5ページの無言の沢村の投球かっこよかったー

 

 

 

ベンチに戻る沢村
片岡監督は飛ばしすぎだと注意しつつも、今日はそれでいい、それで最後までいけと指示
選手たちに早いイニングで終わらせるぞと伝えた

 

4回裏
青道の攻撃
ノリのヒットと相手のエラーで
ワンアウト1,2塁
バッターボックスには東条
センターへタイムリーを放ち
続く金丸はフォアボールで満塁

 

怒涛の青道の攻撃!怒涛すぎて省略されてしまってましたね(笑)

 

 

 

代打で由井が登場
初球はボール
2球目
高めに来たスライダーを見逃さずに打ち返し、ライト方向へ
2点タイムリーとなる

 

由井大活躍!!1年だけど落ち着いてて頼もしいです

 

この回3点を獲った青道
続くバッターは沢村
スクイズを決める

 

ええっと5回終了時に10点差以上がコールドの条件だそうなので
次の5回を守りきればコールド決定ですね!

このまま危なげなくコールド決めれそうです
沢村、飛ばしすぎと言われてたのがちょっと気になります。怪我とかしませんように・・・・

 

 

 

法兼 対 青道
一回 0 – 6
二回 0 – 2
三回 0 – 0
四回 0 – 4
五回

 

ダイヤのA 197話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。