ダイヤのA 208話 ネタバレ 感想 御幸を悩ませる創聖打線の方針が明らかに

漫画「ダイヤのA act2」、最新208話「黙らせたい」のネタバレ感想です。創聖 対 青道、降谷は創聖相手にストレートを中心に三振を量産。御幸は創聖のバッターたちの狙いがいまいちわからず首をかしげた。結城は柳楽のボールを捕らえた。

 

スポンサーリンク


 

208話の続き、ダイヤのA最新209話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 207話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 207話の振り返り

 

ダイヤのA act2 207話 ネタバレ

青道と創聖の準々決勝 2回裏 青道の攻撃、降谷は柳楽の前にサードゴロに終わる。3回表、創聖の攻撃。降谷は得意のストレートを中心に創聖打線を抑え込む

御幸は創聖がストレートには手を出してこなかったりと、狙いがいまいちよくわからず気味悪がっていた。3回裏、結城はツーストライクと追い込まれるが大ぶりのバッティングが柳楽のボールを捕らえた

 

ダイヤのA 208話 ネタバレ 感想

 

創聖 対 青道

結城の打ち返したボールはそのままライトスタンドへ
先制のホームランとなる

関はあれだけツーシームの対策したのにストレート打つのな!!と突っ込む

 

 

スポンサーリンク


 

あれはストレートでしたかーー関スペシャルの成果かと思ったのに・・・な!!笑

 

タイムを取ろうとする創聖キャッチャーに対し柳楽は来なくてよいと合図

バッターボックスには金丸
ストレートを期待するがすべてツーシーム
内野ゴロに抑えられてしまう

 

金丸せつなーー。ストレート来いよーー

 

続く倉持、小湊共に内野ゴロに終わり柳楽はホームランの後崩れることなくこの回を切り抜けた

5回表 ツーアウト
創聖の攻撃
粘ってライトへヒットを放ち出塁

 

スポンサーリンク


 

御幸はツーストライクまで手を出す気配がなかったと、相変わらず創聖の狙いがわからずにいた
創聖の小泉監督の方針は実は単純で、各々得意なコースだけを狙っていこうというものだった

 

御幸を悩ませた戦略は実に単純でしたね笑
小泉監督ちょっと大泉洋みあります

 

続くバッターは降谷のインコースは苦手で外よりの球だけを狙っていた
外寄りに入ったボールを迷わず打ち返す
鋭いあたりだったが小湊が難なく捕らえてスリーアウト

 

攻守交代の間、観客たちはこんな投手戦になるとはと盛り上がる
創聖の守備力を讃え立派だと話すのが聞こえたのか、柳楽は緊張感の無い球場の雰囲気は誰も創聖が勝つと思っていないからだろう
黙らせてやりたい、観客たちをと考えていた

 

 

スポンサーリンク


 

創聖戦はじまる前は奈良がチームの中心として描かれるのかと思っていましたが
ここまで柳楽劇場ですね

「黙らせてやりたい」がまさか柳楽の想いだったとは。
1点を追う創聖の逆転劇はここからはじまるのでしょうか

次号休載ですかーー。残念

 

西東京都大会 準々決勝 創聖 対 青道

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 1
4回 0 – 0
5回 0 –

 

ダイヤのA 209話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。