ダイヤのA 215話 ネタバレ 感想 創聖戦 前園大活躍

漫画「ダイヤのA act2」、最新215話「リザーブ」のネタバレ感想です。創聖 対 青道、6回裏、御幸との勝負を避けた柳楽。満塁で迎えたバッターは前園。前園は御幸の後の5番バッターという役割にプレッシャーを感じつつも柳楽のストレートを捕らえた。

 



スポンサーリンク


 

215話の続き、ダイヤのA最新216話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 214話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 214話の振り返り

 

ダイヤのA act2 214話 ネタバレ

青道と創聖の準々決勝 6回裏。柳楽は御幸に打たれてしまうビジョンが見える。小泉監督は柳楽とキャッチャーの選手に声をかけリラックスさせようとする

柳楽は御幸との勝負を避ける。満塁でバッターボックスにたつのは前園。プレッシャーがかかる中、前園は柳楽のストレートを捕らえセンター前へと打ち返した。

 

ダイヤのA 215話 ネタバレ 感想

 

創聖 VS 青道 7回

前園のヒットで3塁ランナー、続いて2塁ランナーも生還
タイムリーツーベースとなった

 

 



スポンサーリンク


 

白洲先輩がホームインで吠えてるのを春市たちが「吠えた」っていうとこ可愛すぎた(笑)
たしかに珍しいかも

 

落合コーチは前園のスイングにゾクッと来て密かにふるえていた
創聖の選手たちは青道のバッターのスイングスピードに驚愕

続く降谷はツーシームをすくい上げ、センター後方へ大きな当たり
御幸がタッチアップでホームイン
前園もサードへ

 

勢い止まらず!
降谷もヒットだと良かったんですけど、でも結果犠牲フライでも凄いですね

 

金丸は際どい当たりに打ち返すも、好守備に阻まれ内野ゴロに終わる

小泉監督は晴れた目でお前らかっこいいよと心の中でエールを送る

 



スポンサーリンク


 

続くバッターは結城
いつもの大振りがカスり、奈良の正面となり、アウト

 

結城(笑)残念だったけど安定の鬼スイング!ド迫力です

 

守備のためマウンドへ向かう青道選手達
由井は沢村がブルペンに入る必要はなさそうですねと声をかける
しかし、沢村はどんな相手だろうと最後までわからないと気を抜かない
そして自分のことよりも、代打の切り札として由井はバットを振っておいたほうが良いんじゃと微笑んだ

 

由井くんも出番来ますかねー
7回も得点重ねられそうなら、代打来るかなー

 

降谷は変化球を使い三振に抑える
肩を作っていた川上も、奥村に声をかけ一旦戻ることに
降谷が100球に近づいていることから、気持ちは切らないでおこうと油断はなかった

 

川上も出番ありますかね!
4点も追加したし、降谷も崩れていないんで、もう青道の勝ちは間違いなさそうですね
小泉監督泣いちゃってるしね(笑)

 



スポンサーリンク


 

 

西東京都大会 準々決勝 創聖 対 青道

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 1
4回 0 – 0
5回 0 – 0
6回 1 – 4
7回 0

 

ダイヤのA 216話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。