ダイヤのA 224話 ネタバレ 感想 市大三高 VS 青道 沢村の初球

漫画「ダイヤのA act2」、最新224話「お披露目」のネタバレ感想です。市大三高との準決勝、川上は怪我の可能性がある中、片岡監督に試合に出させてくれと頭を下るが監督は受け入れなかった。沢村が気負いすぎていないか案じた御幸はナンバーナインを使おうと提案

 



スポンサーリンク


 

224話の続き、ダイヤのA最新225話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 223話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 223話の振り返り

 

ダイヤのA act2 223話 ネタバレ

準決勝の朝、御幸が寮のそばの土手に立っていると沢村と降谷もやってくる。

市大三高との準決勝、会場は満員。青道OBたちの姿も。川上は怪我の可能性もあるが、試合に出してくれと頭を下げたが、片岡監督は受け入れなかった

御幸は沢村の立ち上がりを案じ、市大三高がまだ未見のナンバー9を使おうと提案する

 

ダイヤのA 224話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 市大三高

青道と市大三高の試合が始まる

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

前園よ・・・ちゃんと足の違和感言ったほうが良いよ。。。ノリさんと一緒じゃんか

 

 



スポンサーリンク


 

先発は沢村
降谷は早くもブルペンへ

ベンチの落合コーチは金田に三高打線は荷が重い、ピッチャー2人だけだと
継投のタイミングが難しいと頭を悩ませていた

 

金田そんなダメ?なの

 

記者の峰は沢村は立ち上がりで固くなる傾向があり、市大三高が狙ってくるだろうと分析

マウンドの沢村が外野手に向かいスピーチを始める
残り3試合、一球一秒これまでやってきたことを出すだけだ
ガンガン打ち取るのでよろしくおねがいしますと

 

アツいスピーチでした。沢村のスピーチで一番良かったかも(笑)

スピーチ前に、ベンチでうなだれた様子の川上が描かれてるのがまた・・・切ない
表情が見えないってのが更にセツナみマックスです。
沢村もノリを意識したスピーチだったのかもしれませんね

 

打ち取っていくという言葉に火がつく市大三高打線
田原監督も春大会で自信をつけさせ過ぎたかと顔をしかめる

 

バッターボックスには千丸
田原監督はストレートを狙うよう指示

御幸のサインに応じた沢村の初球はナンバー9
スプリット改

 

 



スポンサーリンク


 

初球にビビるとこ見たかったーーー
早く続きが読みたいです

地味に千丸打ちますからねー、意外と対応して打たれちゃったりして(笑)

 

青道 VS 市大三高

0 –

 

ダイヤのA 225話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。