ダイヤのA 225話 ネタバレ 感想 青道 VS 市大三高 初回 沢村の立ち上がり

漫画「ダイヤのA act2」、最新225話「未知」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、先発の沢村は開始直前のスピーチをする。打ち取るという言葉で市大三高の選手たちは火がつく。川上がベンチで見守る中、沢村の初球はナンバー9、スプリット改

 



スポンサーリンク


 

225話の続き、ダイヤのA最新226話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 224話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 224話の振り返り

 

ダイヤのA act2 224話 ネタバレ

市大三高 対 青道。沢村はグラウンドのメンバーに対しいつものようにスピーチをかます

打ち取るという言葉に市大三高の選手たちは火がつく。御幸が指示した初球はナンバー9、スプリット改

 

ダイヤのA 225話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 市大三高 1回表

沢村の初球
バッターボックスの千丸がストレートだと思って振ったナンバー9
サードゴロとなり1アウト

マウンドの沢村はうんうんうんと手応えを感じる
ベンチに戻った千丸はまっすぐ?と聞かれる、そう思ったが違った思ったよりキレてなかったのか?と首をかしげる

 

まだ相手が意味わかっていない必殺技って最高に気持ちいいですね!!

 

 



スポンサーリンク


 

2番サードの森がバッターボックスへ
森もストレート狙い
初球は空振り
なぜバットの下へボールが・・と驚く
2球目はインコース厳しめのカット、これはファウルとなり追い込まれる

決め球はナンバー9
手前で沈んだボールに森は当てるだけ、セカンドゴロに終わった

 

天久が嬉しそうにしてるの良いですねー、ワクワクしてるのが伝わります

 

田原監督は高速のスプリットかと考える
この数日でカスタムしたのかと驚く

 

御幸はナンバー9を分析
今まで縫い目を外す握りをしていたが、人差し指を縫い目にかける握りに改良
最後までボールに力が伝わり、球速を維持できる
スプリットとツーシームの両面を持ち合わすボールだと

 

御幸が語るとすごいボールに聞こえますね(笑)
田原監督どう対応してくるでしょうか

 

続くバッターは3番センター、宮川

どんな変化かわからないが、軸となるのはストレートだろうとストレート狙い
初球はチェンジアップでストライク
2球目はナンバー9でファーストゴロ、前園のが拾い3アウトとなる

 

 



スポンサーリンク


 

危なげなく1回を終えましたー沢村絶好調!
前園の足も心配しましたが今の所大丈夫そうですね。

天久が終始嬉しそうなので、青道打線も苦戦しそうですね。わかっちゃいたけど投手戦になりそうです。

 

青道 VS 市大三高

1回 0 –

 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 226話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。