ダイヤのA 227話 ネタバレ 感想 市大三高戦 沢村 VS 星田

漫画「ダイヤのA act2」、最新227話「これが三高」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、1回裏青道の攻撃。倉持は天久の初球を打ち返し出塁するも、牽制は無いだろうと甘く見てしまい、刺されてアウトとなる。続くバッター、小湊に対しても天久は早々と勝負をかける

 



スポンサーリンク


 

227話の続き、ダイヤのA最新228話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 226話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 226話の振り返り

 

ダイヤのA act2 226話 ネタバレ

市大三高 対 青道。1回の表を無事に3人で抑えた青道。続く、青道の攻撃。マウンドには天久、バッターボックスには倉持。天久の初球151kmの球を打ち返し出塁

牽制してこないとたかをくくっていた倉持だったが、天久は見事に倉持を刺す。バッターボックスに続いて立った小湊に対して天久は初球から勝負を決める選球をする

 

ダイヤのA 227話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 市大三高 1回裏

 

天久の151kmのストレートを空振りし、小湊は三振

続くのは白洲
初球のスライダーを空振り、2球目は手が出ず
3球目も空振りとなり、2者連続三振で天久はこの回を終える

 

天久すごい!技術派なイメージの小湊と白洲から三振ってのがかっこいいです

 

 



スポンサーリンク


 

青道OBたちは150kmのストレートと140近いスライダーが投げられる投手は大学でもそういないと舌を巻く
天久の立ち上がりの良さに、落合コーチはこの試合で勝敗ラインだと予想した3点をそもそも取れるだろうかと不安に
小湊は切り替えようと倉持に声をかける

 

これはヨクない雰囲気になりそうですね。大丈夫かな、青道打線

 

2回表
市大三高の攻撃
バッターボックスには星田

御幸のサインに応じ、投げた初球を星田は空振り
星田は気にする様子はなく、バットにぶつぶつと語りかける
次は捉えると言う

 

御幸が言ってた星田はバットと一緒に寝るって懐かしいですね

 

続く2球目はナンバー5
チェンジアップ

 



スポンサーリンク


 

星田はこれに反応、打ち返したボールは右中間の守備を越えるツーベースヒットに

 

投手戦になるかと思いきや、星田に打たれちゃいましたねー
このあとは焦らずにピッチングに集中できるでしょうか?御幸パイセンのリードを信じて投げ抜いてほしいですね
この回1点はしょうがないかなー

 

青道 VS 市大三高

1回 0 – 0
2回

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 228話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。