ダイヤのA 229話 ネタバレ 感想 準決勝 市大三高戦 天久 VS 御幸

漫画「ダイヤのA act2」、最新229話「親玉」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、ノーアウトランナー2塁のピンチを迎える沢村だったが、倉持のファインプレーに助けられ2回表も無失点で終えることができた。青道打線は天久相手に先制点を叩き出せるか?

 



スポンサーリンク


 

229話の続き、ダイヤのA最新230話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 228話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 228話の振り返り

 

ダイヤのA act2 228話 ネタバレ

市大三高 対 青道。二回表、ノーアウトランナー2塁のピンチ、バッターボックスには前試合でホームランを放った佐々木。警戒する青道守備陣だったが、佐々木はセーフティバント。星田を刺せず、ワンナウトランナー3塁となる。続く安達の打球はあわや長打という当たりになるも、倉持がダッシュしてジャンピングキャッチを見せた

高見をピッチャーゴロに抑え、危ない場面もあったが2回表も沢村は市大三高を0点に抑えることができた

 

ダイヤのA 229話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 市大三高 2回裏

2回裏の青道の攻撃
バッターボックスには御幸
ツーストライク、ツーボール

観客席はプロ注目の2人の対決だと盛り上がる
そこには稲実の姿も

 

 



スポンサーリンク


 

成宮見に来てましたね!
無言でしたけど・・・

 

天久のボールを見極める御幸、カウント3-2
天久は新球で勝負に出る
御幸は見極めたかに思われたが判定はストライク、見逃し三振となる

 

これはスライだったのかな??

 

天久はベンチに戻る御幸の表情に少し驚いた表情を見せる
続くバッターは前園
天久は御幸の表情が気に入らず、ただ見送っただけだろうとイラつく

 

悔しそうじゃなかったのが面白くなかったのと
御幸が手を出せなかったんじゃなく、出さなかった感があるのが悔しいということですね

 

前園には初球からスライ
ピッチャーゴロとなり悔しそうな表情を見せた前園
天久は普通はそんな顔になるんだと、満足そう

 

天久のヒール感よ(笑)

 

バッターボックスには東条
こちらもサードゴロに終わり、2回裏の攻撃を3人で終えた

 

 



スポンサーリンク


 

天久安定してます!これはしばらく点が取れないですね

 

3回表 市大三高の攻撃
バッターボックスには天久

嬉しそう日頬を紅潮させる天久に沢村はやりにくさを感じる

初球はアウトコースいっぱいのストレートでストライク
2球目も天久は見送りストライクとなる

天久は沢村の新球を待っていたのだった

 

ふと御幸の方に目をやる天久
御幸が自分ごとき雑魚バッターに新球は見せないつもりなのだなと解釈し、この親玉めとイラつく

 

御幸何も言ってないのにあれこれ想像して一方的に嫌うの最高に面白いです(笑)
天久は問題なく抑えられそうですね、次のバッターも大丈夫だとして
一巡してまた千丸が出てくるので気が抜けません

 

青道 VS 市大三高

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 230話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。