ダイヤのA 231話 ネタバレ 感想 市大三高戦 青道下位打線 VS 天久

漫画「ダイヤのA act2」、最新231話「俺の役目」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、沢村は天久を新球で三振に抑え込んだ。続く2人のバッターも危なげなく三振に、沢村のストレートは140kmを記録する。三回裏の青道の攻撃、バッターボックスには結城

 



スポンサーリンク


 

231話の続き、ダイヤのA最新232話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 230話のネタバレ感想はこちら

前話 ダイヤのエース act2 230話の振り返り

 

ダイヤのA act2 230話 ネタバレ

市大三高 対 青道。三回表、バッターボックスの天久は沢村が新球を投げてこないことにイラつく。自分が雑魚扱いされているのかと思った矢先、最後は新球で三振となる。

沢村は続く2人のバッターも三振に抑えた。140kmを記録した電光掲示板を沢村は嬉しそうに見つめる。三回裏の青道の攻撃、バッターボックスには結城が立つ

 

ダイヤのA 231話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 市大三高 3回の裏

三回裏の青道の攻撃
バッターボックスには結城

天久の球をいつもどおりのフルスイング
バットに僅かに当たり、ファウルに

 

手作りの結城応援プレート「どかーん結城」にニヤニヤしました

 

 



スポンサーリンク


 

峰は結城は大会中の記録9打席2安打
全てホームラン、長打が出る結城は天久にとって嫌な相手だろう
麻生じゃなく結城がスタメンなのは片岡監督の期待の現れだろうと語る

 

そうかまだ2安打なんだ・・・確かにいつも三振のイメージある

 

天久は最後に球速を落としたボールで勝負し結城を三振に抑えた

続くバッターは金丸
片岡監督が狙い球をしっかり絞りバットを振れ、プレッシャーをかけ続けるのが青道野球だと指示したのを思い出していた

ベルトより上のボールにだけ集中
金丸はカーブを捉え、レフト線を抜けるツーベースヒットを放った

 

おおお、まさかの金丸!!!
下位打線だしすぐに終わると思ってた(笑)

 

市大三高のOBたちが案ずる中、真中は天久は覚悟を決めてるから大丈夫だと言う

続くバッターは沢村
ここでバントの構え

 



スポンサーリンク


 

後続のバッターは倉持

繋げば先輩たちがなんとかしてくれると信じる沢村
初球の変化球はファウルに

2球目のカーブを見事一塁線に転がし、送りバント成功
金丸は3塁へ

 

沢村のバントの流れ大げさでかっこよかったです

 

ツーアウトランナー3塁のチャンス
バッターボックスには初回ヒットを放った倉持が登場

 

真中ボーイが大丈夫って言ってるからきっと倉持は三振に終わっちゃうんですかね
本当に投手戦ですが、天久もやっぱり全く打てない相手ではないですね。なんとか攻略したいですね

 

青道 VS 市大三高

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 –

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 232話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。