ダイヤのA 235話 ネタバレ 感想 市大三高戦 先制点はどちらに?

漫画「ダイヤのA act2」、最新235話「Step On」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、4回表市大三高の攻撃、ワンナウトランナー二塁のピンチに星田がバッターボックスに。御幸のリードとフレーミングに助けられながら沢村は星田を三振に仕留めた。

 



スポンサーリンク


 

235話の続き、ダイヤのA最新236話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 234話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 234話の振り返り

 

ダイヤのA act2 234話 ネタバレ

市大三高 対 青道。四回表、ワンナウトランナー二塁のピンチに星田がバッターボックスに立つ。御幸のリードとフレーミングで星田を追い詰める。

最後は外へのボールで星田を仕留めた。

 

ダイヤのA 235話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 市大三高 4回表

星田を三振に抑えたことで会場は大盛りあがり
観客席の結城は沢村の勇姿にクリスが手に汗握る様子なのに気づく

降谷は今日は出番ないかもとつぶやいた

 

 



スポンサーリンク


 

圧倒的存在感!これぞ主役!沢村が頼もしいです

 

バッターボックスには5番の佐々木
田原監督は手元で動いてくるボールにはコンパクトに振り抜くのみだと指示

沢村にまともに打ちに行っても勝ち目はないと判断した佐々木
御幸はバットを短く持つ佐々木のフォームから、届かないところへと配球

 

佐々木はまともがだめなら・・と外のみのボールに賭けていた

沢村の初球
外へのボールを佐々木は見逃さず
大きく振り抜いた

サード金丸のミットを抜ける
レフトの結城がボールを拾いに前進

 

ええええ、予想外の展開でした。星田討ち取って、サクッと終わらないなーって前話で?だったんですが
佐々木がまさか打つとは・・・
冒頭の沢村に感じた万能感は・・・打たれるフラグだったんですかね

 

 



スポンサーリンク


 

市大三高のベースコーチはボールがレフトへの浅い当たりであり、指示を一瞬迷うが、田原監督はゴー!!と叫ぶ
監督は事前にレフトへの浅い当たりの時、麻生ならストップ、結城ならGOだと指示していた
ランナーは指示どおり三塁を蹴りホームへと向かう

 

田原監督お見事ですね!事前に指示してたんだ

 

結城のバックホーム
しかし、田原監督の読みどおり少し高めに投げてしまい御幸のキャッチがワンテンポ遅れる
その僅かな隙にランナーはホームインとなった

ベンチの天久は右拳を高くあげて勝利を確信し、勝ったとつぶやいた

 

早くも天久から勝利宣言!
確かに天久から打てる気がしない
そして沢村がこの失点を気に崩れないか心配ですね
まずはこの回をしのいでくれえええ

 

青道 VS 市大三高

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 1 –

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 236話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。