ダイヤのA 236話 ネタバレ 感想 市大三高戦 観客席に現れたのは?

漫画「ダイヤのA act2」、最新236話「Move」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、4回表市大三高の攻撃、星田に続く佐々木は沢村の外側のボールにだけ集中しタイムリーを放った。1点先取した市大三高、天久は勝利を確信する。

 



スポンサーリンク


 

236話の続き、ダイヤのA最新237話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 235話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 235話の振り返り

 

ダイヤのA act2 235話 ネタバレ

市大三高 対 青道。四回表、主砲の星田を抑えたことで盛り上がる観客席。降谷は今日は出番なしかもとつぶやく。

バッターボックスには5番佐々木、外側のボールのみに集中した佐々木は初球を打ち返す。サードの金丸のミットを越えてレフトの結城のもとへボールが転がる

田原監督の指示通り、ランナーは三塁で止まらずそのままホームへと向かう。監督は麻生ならストップだが結城が出るならGOだと事前に決めていたのだった

結城の返球は高めにそれ、ランナーはホームイン。天久は拳をあげ勝利を確信した。

 

ダイヤのA 236話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 市大三高 4回表

1点を先取した市大三高
続くバッターはキャプテン安達

 

前話からちょこちょこベンチに無言で座る川上が描かれていますね
ちょっと表情が見れないんですけど、悔しそうというか申し訳無さそうな感じが伝わってきます
そろそろ沢村に声をかけるのでしょうか

 

 



スポンサーリンク


 

田原監督はここぞ攻め時だと考えていた
沢村の初球を打ち返す安達
ボールは小湊の正面、きっちり守りきりこれでスリーアウトとなる

 

安達、GOキャプテンGO言われてたからキャプテンかと思ったんですが・・・・このあっさり感、違うのかな?

 

御幸はベンチに戻る沢村にまだ4回だから熱くなりすぎるなと助言
沢村は直感的に先に得点を許したくなかったと応える

 

4回裏、青道の攻撃
バッターボックスには小湊

市大三高の思い切ったプレーに触発され、小湊はバットを短めに持つ
天久の初球を見極める
ボール
天久はバットを短く持っていることを認識しており、打てるコースも限られるだろうと2球目を投げる
小湊は届かないところは捨てる覚悟だった
打ち返したボールはレフトへ
小湊は見事出塁

 

 



 

今日は守りに攻めにと、小湊DAYですね!

 

バッターボックスの白洲はバントの構え
力みすぎた天久のボール、2球続けてボールとなる

観客席の真中は天久が青道との試合前に気持ちが高ぶった様子を見せていたのを思い出す

 

続く4球目はボール
峰は先制点が入ったことで膠着した試合が一気に動くことがあると語る

カウント3-1となる

 

天久どうしちゃったのでしょうか、勝利確信していたので油断してるのかな?それとも逆に緊張しちゃってる?

 

そんな中、観客席に姿を現したのは薬師の真田だった

 

うお、行方不明の真田パイセンじゃないですか!
なんか私服のせいでしょうか、ちょっと顔が怖い・・・

次回は御幸との勝負再びですかね!

 

青道 VS 市大三高

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 1 –

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 237話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。