ダイヤのA 237話 ネタバレ 感想 市大三高戦 天久 VS 御幸 再び

漫画「ダイヤのA act2」、最新237話「チームの一員」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、4回表市大三高はキャプテンの佐々木がバッターボックスに。佐々木を難なく討ち取った沢村。続く4回裏の青道の攻撃、バットを短く持った小湊に対し天久は3ボールを出してしまう

 



スポンサーリンク


 

237話の続き、ダイヤのA最新238話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 236話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 236話の振り返り

 

ダイヤのA act2 236話 ネタバレ

市大三高 対 青道。四回表、続くバッターはキャプテン安達。沢村の初球を打ち返すも小湊の正面でアウト。

続く4回裏、青道の攻撃。先頭打者の小湊はバットを短く持ち天久を攻略しようと考える。天久はボール球を続けてしまい3-1

そんな中、観客席にやってきたのは薬師の真田だった

 

ダイヤのA 237話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 市大三高 4回裏

ランナー1塁の場面で白洲はバントの構え
天久のボールを見極めて、フォアボールで白洲は出塁

 

 



スポンサーリンク


 

勝利を確信した故の油断でしょうか?天久どうしたんだろう

 

田原監督は深呼吸だと指示
天久は大丈夫だと応える

ノーアウトランナー1,2塁のチャンスに青道から御幸がバッターボックスに
御幸は左打者側へ曲がってくる変化球を右方向に引っ張れればランナーを進められるだろうと考えていた

キャッチャーの高見はあえて外方向を狙わせるのはどうかとサイン
応じる天久

インコースの変化球になんとか合わせた御幸
初球はファールとなる

 

やっぱりこのふたりの対決アツいですね!

 

2球目は外へのストレートでボール

 

ヒットは仕方ないと覚悟する天久
脳裏には真中とのトレーニングルームでの会話が浮かぶ

 



 

大事な場面でやらかすかもと恐怖を口にした天久に
真中は自分も一緒だと応え

ピッチャーの責任は重いから怖くて当然
そして天久がそう感じるということは、天久がようやく三高の一員になったということだと説明

 

真中さすがです。良いこと言うー

 

仲間との甲子園出場の想いを胸に、天久の3球目
打ち返した御幸
ボールは1,2塁間へ・・・

 

星田が映ってたけど、もしかして。。。ゲッツーかな
過去回想もあったので2回目の勝負は天久に軍配ですかねー

1点の重みを感じる試合展開になりそうです。
御幸がダメなら、足が痛いかもしれない前園に期待!

 

青道 VS 市大三高

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 1 –

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 238話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。