ダイヤのA 243話 ネタバレ 感想 市大三高戦 ノリ先輩からのエール

漫画「ダイヤのA act2」、最新243話「誰かの力」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、7回裏、天久の投球に粘りを見せた金丸だったがセカンドゴロに終わる。静まり返る青道ベンチを沢村が盛り上げる、川上が立ち上がりブルペンでシャドーピッチングをはじめる

 



スポンサーリンク


 

243話の続き、ダイヤのA最新244話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 242話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 242話の振り返り

 

ダイヤのA act2 242話 ネタバレ

市大三高 対 青道。7回裏 青道の攻撃。2アウトランナー3塁、バッターボックスには金丸

天久の初球は151kmのストレート。金丸はボールが良く見えておりバットに当ててファウル。その後も粘りを見せるも最後はセカンドゴロに終わる

湧く市大三高に対し、静まり返ってしまう青道。沢村がいつものように声を出して周りを鼓舞する。ベンチに座っていた川上がおもむろに立ち上がりブルペン入り、投げられないはずの川上がシャドーで肩作りを始める。その姿に青道メンバーは驚愕する。

 

ダイヤのA 243話 ネタバレ 感想

 

市大三高 VS 青道 8回表

川上がブルペンでシャドーピッチングをはじめる
ヒジを壊してでも投げる準備はできているのに、何の力にもなれないと無力さを感じる川上だったが
その姿を見た青央メンバーは、特に沢村はアツい想いが込み上げる

 

冒頭からめちゃ泣かせにきました。泣いたーー

 

 



スポンサーリンク


 

沢村は川上が一緒に戦ってくれているのだと理解し、心の中で感謝を伝える
バッターボックスには8回の先頭打者である天久が立つ

残り2回悔いのないように投げ合おうと考えていた天久
沢村の集中した表情に異変を感じ取る

 

ゾーンに入るってやつですかね。沢村残り2回絶対打たれないでしょ、これは!

 

初球のストレートに手が出せない天久
球威に驚いていると、同じコースに入った2球目はスプリットでツーストライク
終盤でこの精度が出せる沢村は超人だと舌を巻く

3球目、外に外れたボール
見送る天久だったが、変化しストライクに

見事なバックドアに天久は思わず笑みがこぼれてしまう

 

外のボールゾーンからのカットボール改!
いやお見事すぎた。そして見開きかっこよすぎた。
相手が天久だってのも気持ちよかったです

 

 



スポンサーリンク


 

御幸はバックドアを試合で試したのは初めてだったが、この場面で投げるのが沢村らしいと考えていた
沢村が拳を上げると、川上も無言で応じた

 

ノリーー、泣かせるーー

ノリパワーが打線にも良い影響を与えてくれると良いですよね
残り2回か・・・ドキドキしてきましたーー

 

市大三高 VS 青道

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 1 – 0
5回 0 – 0
6回 0 – 0
7回 0 – 0
8回

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 244話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。