ダイヤのA 244話 ネタバレ 感想 市大三高戦 8回表 加速する沢村の球

漫画「ダイヤのA act2」、最新244話「代表者」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、8回表、川上はブルペンでシャドーピッチング。その姿に沢村は勇気づけられる。今大会初のモードに入り、沢村は天久を三球三振に抑えた

 



スポンサーリンク


 

前話、ダイヤのA 243話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 243話の振り返り

 

ダイヤのA act2 243話 ネタバレ

市大三高 対 青道。8回表 川上がブルペンでシャドーピッチングをはじめる。その姿に青道メンバーは心奪われる。沢村は川上が一緒に戦ってくれているのだと理解する

バッターボックスには天久、沢村は気迫ある投球で天久を追い込む。3球目はバックドアで天久を抑え込んだ。

拳を上げる沢村に、川上も無言で拳を上げて応じる

 

ダイヤのA 244話 ネタバレ 感想

 

扉絵は青道投手陣でした!

 

市大三高 VS 青道 8回表

川上は腕を挙げて沢村にエールを送りながら、沢村は絶対に諦めない
これがエースだと考えていた

 



スポンサーリンク


 

そこへ降谷がやってきて一緒に投球練習を開始する
降谷はまだ終わらせない、勝てば続くと伝えた

 

冒頭から泣かせるっ!!投手陣たちのアツい思い!!

 

田原監督はブルペンにたつ青道の投手たちを目にし
ここまで層の厚いチームは全国にもいないが、マウンドに立てるのは1人だけ
投げあいなら天久も負けていないと胸を張り、攻撃陣に発破をかける

 

バッターボックスには宮本
沢村の初球はアウトローいっぱいのストレート
カウント1-2となり、4球目で三振に抑える

 

神がかってるので天久以降の2人はスキップするかと思ったんですが笑
神がかってるからこそ、描かれてましたね!
かっこよすぎる。目頭が熱くなります

 

 



スポンサーリンク


 

続くバッターは千丸
沢村が最初は変化球が多かったが、ストレートが増えていることに気がついていた

沢村はチームの代表者としてマウンドに立っている
青道の魂は軽くないと気迫のピッチングを見せ僅か3球で千丸をおさえた

 

いやー最後の2球の描写、コマ使いが最高でした。
球威で千丸の表情をが変わるのが見てて気持ちが良かったです。

続くは8回の裏、青道の攻撃
沢村の帽子のつばに書かれていた「青道魂」がバッティングにも伝わるといいのですが・・・

次回お休み!ちょっとさみしいです

 

市大三高 VS 青道

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 1 – 0
5回 0 – 0
6回 0 – 0
7回 0 – 0
8回 0 –

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 245話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。