ダイヤのA 246話 ネタバレ 感想 倉持に続け 小湊 VS 天久

漫画「ダイヤのA act2」、最新246話「最強の1,2番」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、8回裏、先頭打者の沢村は天久にプレッシャーをかけるべくできるだけ粘り8球消費させる。沢村に続く倉持から殺気が放たれるのを感じる天久。倉持はセンターへとヒットを放った

 



スポンサーリンク


 

246話の続き、ダイヤのA最新247話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 245話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 245話の振り返り

 

ダイヤのA act2 245話 ネタバレ

市大三高 対 青道。8回裏 先頭打者の沢村はできるだけ粘って天久にプレッシャーをかける

三振に終わった沢村に8球分粘ったと労をねぎらう倉持。天久はバッターボックスに立つ倉持から殺気を感じる

天久はプレッシャーからか最初の2球でボールが続く。3球目を捕らえた倉持。センターへとヒットを放った

 

ダイヤのA 246話 ネタバレ 感想

 

市大三高 VS 青道 8回裏

倉持に続き、バッターボックスには小湊
天久は背後の倉持の盗塁に警戒。リードの大きさが気になっている

落合コーチは片岡監督が強気のまま勝負に出て走らせるのか?と注目

 



スポンサーリンク


 

倉持は片岡監督がいつもどおり前を狙うよう指示したのを見逃さなかった

 

倉持が味方で良かったと感じる瞬間ですねー
出塁された後は盗塁も気にしなきゃなので、ほんと相手にするの疲れそうです(笑)

 

市大三高のキャッチャー高見は小湊が変化球対策でバットを短く持つのを確認
田原監督はバントは無いから勝負しろと指示

天久の初球
倉持が走り出す

少しスタートが遅れるも倉持は見事盗塁成功

 

あぶなかったーー!!スタートが少し遅れたのはなんでだったんでしょうか。いずれにせよ、盗塁決まってよかったです

 

田原監督は守備を前に寄せ、ヒットが出てもホームに返さない姿勢を見せる
天久のスライならゴロになるだろうと

兄の亮介は春市に倉持をホームへ帰せとエールを贈る

 

 

 

小湊はどうなりますかねー。今回のタイトルから察すると打つ気もしますが・・・
前方守備だからもうバントも無いですかね?

 

春市はバットを持ち直す
ベンチから応援する沢村の声を聞きながら、ピッチングにチームが勢いをもらったことを心の中で感謝する

2球目、ファウル。3,4球目とボールとなり
5球目、打ち返したボールはライトへ・・・

 

抜けたーーー!!
チャンス到来!!

ランナー1,3塁で、白洲が登場ですかーー!!
白洲はアウトになっちゃって、ワンナウト1,3塁で御幸パイセン登場ですかね

同点だけじゃ終わらずこの回逆転できそうな勢いです
天久が感じるプレッシャー、打者が皆沢村に感化され殺気放ってるからですね(笑)

 

市大三高 VS 青道

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 1 – 0
5回 0 – 0
6回 0 – 0
7回 0 – 0
8回 0 –

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 247話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。