ダイヤのA 最新 251話 ネタバレ 感想 前園の打球は? 最後に投げるのは?

漫画「ダイヤのA act2」、最新251話「夢じゃない」のネタバレ感想です。市大三高と青道の準決勝、8回裏天久VS御幸、御幸はフルカウントからの天久の失投を見逃さずツーベースヒット。その間に白洲がホームインし逆転。感動し涙した前園は天久の初球に反応

 



スポンサーリンク


 

前話、ダイヤのA 250話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 250話の振り返り

 

ダイヤのA act2 250話 ネタバレ

市大三高 対 青道。8回裏 御幸はフルカウントまで追い詰められるも、天久の球がよく見えていた。田原監督は歩かせてもいいからボール球で勝負と指示

御幸の打球は守備陣を越えてツーベースヒットとなる。白洲がホームイン。御幸の活躍に感動し涙した前園は初球を捕らえて。。。

 

ダイヤのA 251話 ネタバレ 感想

 

市大三高 VS 青道 8回裏

御幸に続けと、前園は天久の初球を捕らえた
大きい当たりだったが、宮川がダイビングキャッチしスリーアウトとなる

 

チーン
やっぱり前園オチ要員だったーーーー(笑)

ちょっと可哀相だけど、俄然面白くなってまいりましたーーー

 

 



スポンサーリンク


 

青道が遂に逆転し1点差で最終回を迎える
前園を労いつつ、マウンドへ向かおうとする沢村を監督が呼び止める

沢村は肩を作っている降谷のほうに目をやり
昔、最終回行かせてほしいと頼んだが、当時エースの降谷に監督はマウンドを託したのを思い出す

 

あかん・・・モヤモヤする

 

嫌な予感がしながら監督の方へ向かうと片岡監督は最後まで任せるぞと言う
この逆転は沢村のピッチングが呼び込んだもの、エースであるお前が決めてこいと、過去降谷に伝えたのと全く同じ言葉で気合を入れる

 

しばし言葉を失う沢村にどうした?と監督
沢村は代えられるのかと思った、夢じゃなかったと笑い
青道魂に火がついたとマウンドへ

 

良かったねーー。これで本当に遂にエースになったんだね。
監督が地味にそんなに信用ないか?て言って、沢村が言葉が足りないだけって応えるの笑う

 

監督は結城に代えて麻生を投入
御幸には降谷もいるし、同点までは問題ないから守りに行くなと指示する

 



 

一方の市大三高は田原監督が選手たちに気合を入れる
その間、天久はタオルで顔を覆ったまま、ひとりベンチに

選手たちはマウンドの沢村へ目をやる。その視線からは圧を感じる

 

結城に代えて麻生ってのが良いですね。決めにかかってますね。

 

打席には2番の森
天久はかっこ悪いと点を取られたのを悔やみつつも、精一杯応援をはじめる

 

ラストの天久の表情
タオルで顔を覆っていた時は少し泣いていたのでしょうか

森からということは、星田までまわってきますね・・・
沢村最後まで守りぬけるでしょうか!?

ドキドキするーー

 

市大三高 VS 青道

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 1 – 0
5回 0 – 0
6回 0 – 0
7回 0 – 0
8回 0 – 2

 

 



スポンサーリンク


 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 センター 東条
7番 レフト 結城
8番 サード 金丸
9番 ピッチャー 沢村

 

市大三高
1番 レフト 千丸
2番 サード 森
3番 センター 宮川
4番 ファースト 星田
5番 ライト 佐々木
6番 ショート 安達
7番 キャッチャー 高見
8番 ピッチャー 天久
9番 セカンド 宮本

 

ダイヤのA 252話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。