ダイヤのA 最新 256話 ネタバレ 感想 それぞれのプロ入りへの想い

漫画「ダイヤのA act2」、最新256話「道果てしなく」のネタバレ感想です。準決勝後、寮に戻った沢村に天久からLINE。ノリは右肘に炎症が見られ決勝には出られない。先発は降谷に決まる。土手で素振りをする御幸と降谷、御幸は降谷にプロの世界のことを考えていないのかと尋ねた

 



スポンサーリンク


 

前話、ダイヤのA 255話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 255話の振り返り

 

ダイヤのA act2 255話 ネタバレ

寮へ戻った沢村に天久からLINE。最期にお前と勝負出来てよかった、甲子園行けよという天久の言葉に、沢村は空に向かって3年間お疲れさまでしたと吠えた

食堂では麻生が彼女に3日でフラれたという話で盛り上がる。ナベが御幸に稲実のデータを報告していると、病院からノリが戻る。右肘に炎症が見られ、決勝にはノリは出られない

先発は降谷、ブルペンに沢村と金田と決まる。御幸と降谷が土手で素振りをしながら話をする。御幸はプロの世界を考えていないのかと訊く。そこへ沢村もやってくる

 

ダイヤのA 最新 256話 ネタバレ 感想

 

更に上へ

プロ入りについて訊かれた降谷、答えられずにいると
御幸は話を続けた

普段はキャプテンという立場もあるので言わないが
プロへの願望はとてもあり、野球で食べられるようになって父親に感謝したいのだという

 

 



スポンサーリンク


 

(そりゃそうだよね!先輩たちもプロってる人いるわけだし、考えないはずないよね)

 

沢村は話を立ち聞きしてしまい、そのまま声をかけずに寮へと戻っていく

 

(え・・・なんか話しかけづらかった?だめ?無邪気には入っていけない話題?)

 

降谷がまだプロは考えたことが無かったと応えると、御幸は驚く
スカウトも来ているし、沢村目当てにもこれから来るだろうという

降谷は一試合でも多く御幸に受けてもらうことしか、春以降考えてこなかったと続けた

 

(かわいいやつめ・・・こんなの言われたら嬉しいよね)

 

御幸はどんだけ真っ直ぐだよとツッコミ、笑う

 

メンバーがそれぞれ練習に励む
スマホから目が離せずにいた麻生も、大きな声で返事できるまでは回復していた

 

 

 

(麻生絶対に決勝に出してはいけない・・・)

 

沢村は練習には参加せずにひとり階段に腰掛けて考える
今日敗けたら御幸とのバッテリーは終わっていた、そしてさっき御幸の願望を初めて聞いた
でも、それは自分に向けて話してくれたことじゃなく、降谷だったのだなと

 

(なるほどーー、そこだったかーー。まぁ相手が沢村だったら話してくれたか。。。って考えると、たしかに御幸パイセン沢村には言わないような気がしますよね)

 

沢村はライバル校の凄いピッチャーたちを思い浮かべ、山程すごいピッチャーはいる
一番身近にも・・・と降谷を思い浮かべる
さらに世界にも・・・

プロ入りなんて考えたこともない、果てしないなと考えているところへ
一年たちがやってきてどうしたんですかと声をかけた

 

決勝前にこのメンタルで大丈夫かと不安になっちゃいました。。
未来の話が出てきたのでもしかしたら甲子園には行けずに決勝戦で終わっちゃうんでしょうか・・・そんなフラグじゃなきゃいいんですけど

 

 

そしてしばらく取材でお休みとのことです。連載再開は8/4発売号から!
ああん、残念。でも取材超大事ですよね!

 

ダイヤのA 257話へ続く

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。