ダイヤのA 259話 ネタバレ 感想 対稲実 決勝戦 前日 川上の想い

漫画「ダイヤのA act2」、最新259話「譲れないこと」のネタバレ感想です。稲実、青道共に両チームの前試合映像を見て会議が開かれる。両チームのエースに注目が集まる中、稲実ではラプソードを導入したピッチングの質の向上が行われていた

 



スポンサーリンク


 

259話の続き、ダイヤのA最新260話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 258話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 258話の振り返り

 

ダイヤのA act2 258話 ネタバレ

稲実では市大三高と青道の試合を見ての会議が開かれる。御幸のバッティング、そして沢村のピッチングに注目が集まる

青道でも稲実の試合映像を見ての会議が。新しく2年のメンバーが2人スタメン入。成宮はカットボールを新たに身に着けていた

成宮のピッチングを峰たちが取材。稲実ではラプソードを導入し球の伸びやキレを数値化して質の向上に取り組んでいた

 

ダイヤのA 最新 259話 ネタバレ 感想

 

川上の診断結果

監督たちと共に病院へ向かった川上
診断は肘の内側の筋肉が炎症を起こしている「内上顆炎」だった

悔しそうな川上に医師は1週間我慢すれば甲子園で投げられると説明
監督にも稲実を倒して甲子園に行くんだろ?と檄を飛ばした

 

(ノリの出番はやっぱりなしですか・・・ってこの河童頭ドクター誰だ!?こんだけキャラ濃かったら覚えてるはずなのに記憶が・・・)

 

 



スポンサーリンク


 

学校では降谷がピッチング練習
落合コーチが決めに行く時は力を抜くようにアドバイスする

ギャラリーは降谷のできの良さに明日の先発への期待を高めた

 

(稲実打線相手にしても今の降谷なら安心ですね。どこまで投げれますかねー)

 

前日の様子から元気を取り戻した沢村は得意のバントの練習
本当のエースなら明日も先発を任されたはず。と愚直に練習に励んだ

他のメンバーも成宮を想定しスピードのある球でバッティング練習

学校に戻ってきた川上は監督に気にかけてくれてありがとうございますと礼を伝えた
そして明日の試合に出ることは諦めて思いをメンバーへ託すという

 

 

 

ついに次回試合開始ですかね!
両チームともトラブル無く、全力でやりあえるといいですね!

途中から沢村も出るのかなー、あと地味に麻生にも期待してます笑

 

ダイヤのA 260話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。