ダイヤのA 261話 ネタバレ 感想 決勝戦直前 片岡流ノック

漫画「ダイヤのA act2」、最新261話「2年と4ヶ月」のネタバレ感想です。川上は準決勝での自分の振る舞いをわびて、明日の決勝にはでないでベンチで応援に徹すると伝える。川上の決意に心動かされる青道メンバー。決勝戦で去年の夏のリベンジを誓った。

 



スポンサーリンク


 

261話の続き、ダイヤのA最新262話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 260話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 260話の振り返り

 

ダイヤのA act2 260話 ネタバレ

川上は午後練前にメンバーを集め、昨日ベンチで不貞腐れていたことを謝罪。そして明日の決勝には出ないで、ベンチで応援に徹すると伝える。川上の言葉に士気が上がるメンバー

練習をしながら、青道メンバーは去年の夏を思い出し稲実と成宮へのリベンジを誓う

 

ダイヤのA 最新 261話 ネタバレ 感想

 

決勝前ノック

沢村は御幸に受けてもらいながら投球練習

 

(前話で超絶感動しててっきり今回は稲実戦当日かと思ったらまだ練習続いてました(笑))

 

沢村の体のコンディションを確認した御幸は、明日エースの力が必要になる時が来るだろうから
焦らずに力をためておいてくれと伝えた

 

 



スポンサーリンク


 

(沢村調子良さそうで何よりです。きっと出番早めにきちゃうんだろうな・・・)

 

片岡監督による試合前ノックがはじまる

3年生たちは入部した当初や、メンバーで揉めたこと、悔しい思いをしたことをそれぞれ思い出しながらプレー

 

前週に続き泣かせる展開でした・・・今回のタイトルどおり2年4ヶ月。ほんといろいろあったんだなと。
御幸の回想が一番泣けた

麻生って2年から4番打ってきたキャラだったんですね。そんなのすっかり忘れてました、監督にも呼び出されてましたし決勝では活躍期待したいですね。

そしてなぜかナベはちょい回想シーンと今のシーン重なったのに、関はなかった(笑)関って練習参加してるよね?前園の回想に出てきたからそれで良しなのかな・・・

次回は全国各地の結果。とのことですので甲子園で対決した猛者共が久々登場ですかね

 

ダイヤのA 262話へ続く
 

「ダイヤのA 261話 ネタバレ 感想 決勝戦直前 片岡流ノック」への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。