ダイヤのA 264話 ネタバレ 感想 青道 VS 稲城実業 決勝戦開始

漫画「ダイヤのA act2」、最新264話「シミュレーション」のネタバレ感想です。決勝戦当日。御幸はいつもより早く目が覚めてしまう。試合会場は外野席までうまる盛況っぷり。稲実が後攻、青道が先攻となり試合が始まろうとしていた

 



スポンサーリンク


 

264話の続き、ダイヤのA最新265話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 263話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 263話の振り返り

 

ダイヤのA act2 263話 ネタバレ

決勝戦の朝、御幸はいつもよりはやく目が覚めてしまう。川沿いに集まった沢村と降谷に合流。他のメンバーは麻生の坊主頭と前園のスキンヘッドに盛り上がる

会場は外野席までうまる大盛況ぶり。じゃんけんに負けた御幸、青道は先攻となる。円陣を組み御幸はメンバーに檄を飛ばした

 

ダイヤのA 最新 264話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 稲城実業 1回表

 

満員の会場
午後1時、拍手に迎えられ両チームがグラウンドへ

試合開始

 

(ついに始まります!!ドキドキ!!)

 

マウンドに立つのは成宮
バッターボックスには倉持

峰はこの1年、リベンジを誓った青動は成宮対策のシミュレーションを重ねてきたに違いないと考えていた

 

成宮の初球はカーブ
ストライク

 

 

2球目
外角低めのストレートを倉持が捕らえてレフト前ヒットとなる

 

(うおおおおおおお!!まさか(失礼)の出塁!絶対ムリだと思っていた。特に最初は。。。)

 

続いてバッターボックスには小湊
倉持は大きくリードをとりプレッシャーをかける

御幸はムキになる成宮の性格が唯一付け入る隙だと倉持のリードを評価

 

あああ、試合がはじまるとやはりあっという間に終わっちゃいますね
小湊続けますかねー

とはいえさすがに初回から点が奪えるほど、成宮も甘くないと思いますので
次回は早くも降谷の出番ですかね

 

青道 VS 稲城実業

1回 0 –

 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊

 

 

 

稲城実業
ピッチャー 成宮鳴
キャッチャー 多田野樹
ファースト 山岡陸
ショート 白河勝之
センター 神谷カルロス俊樹
セカンド 江崎卓
サード 矢部浩二
レフト 神宮寺司
ライト 早乙女慎一郎

 

ダイヤのA 265話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。