ダイヤのA 265話 ネタバレ 感想 稲実との決勝戦 御幸 VS 成宮 1回目

漫画「ダイヤのA act2」、最新265話「思惑」のネタバレ感想です。青道と稲城実業の決勝戦。初回、青道の攻撃。倉持は成宮の2球目を捕らえて出塁。倉持得意の盗塁を匂わせる大胆なリードが気になる成宮。バッターボックスには小湊

 



スポンサーリンク


 

265話の続き、ダイヤのA最新266話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 264話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 264話の振り返り

 

ダイヤのA act2 264話 ネタバレ

両チーム選手がマウンドに揃い、決勝戦がはじまる。青道最初のバッターは倉持。成宮の2球目を捕らえて出塁

大胆なリードが気になる成宮、続くバッターは小湊

 

ダイヤのA 最新 265話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 稲城実業 1回表

 

バッターボックスには小湊
成宮の初球はアウトコースに外れ、ボール
倉持はファーストへ戻る

小湊は盗塁を警戒する成宮は、変化球が投げにくいはずと考える
成宮はまだ小湊が木製バットを使っていることが気に入らない

 

(あれ・・・そうか小湊木製バットでしたっけ)

 

 



スポンサーリンク


 

2球目
走り出す倉持

小湊は成宮の球威に恐怖
サードゴロに終わるも、その間に倉持は2塁へ

成宮の2球目はカットボールだった

 

(小湊残念・・・しかし倉持パイセンさすがの俊足)

 

3番白洲
成宮の初球にまさかのセーフティバント
倉持は三塁へ

 

(まさか・・・1点獲っちゃいますか!?早くもーー??)

 

バッターボックスには御幸
御幸と成宮の対決に神宮球場が湧く
ルパン三世のテーマが流れる

 

 

 

前日
多田野は御幸との対決時、前半はチェンジアップをあえて使わなくとも打ち取れると思うと成宮に語っていた

成宮の選んだ初球
御幸は反応し打ち返す

しかしボールはピッチャー正面、成宮のミットの中に終わる

 

チッキショーーー
初回は0点で終わってしまいました。
成宮の最後のボールはカットボールだったのかな?
いずれにせよ当てられて稲実にはかなり動揺走りましたね!また稲実がビビるとこみたい!!

次回は降谷の立ち上がりに期待です!

 

青道 VS 稲城実業

1回 0 –

 

青道
1番 ショート 倉持
2番 セカンド 小湊
3番 ライト 白洲
4番 キャッチャー 御幸
5番 ファースト 前園
6番 ピッチャー 降谷
7番 センター 東条
8番 サード 金丸
9番 レフト 麻生

 

 

 

稲城実業
1番 センター 神谷カルロス俊樹
2番 ショート 白河勝之
3番 ライト 早乙女慎一郎
4番 ファースト 山岡陸
5番 ピッチャー 成宮鳴
6番 キャッチャー 多田野樹
7番 サード 矢部浩二
8番 レフト 神宮寺司
9番 セカンド 江崎卓

 

ダイヤのA 266話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。