ダイヤのA 266話 ネタバレ 感想 VS 稲実 1回裏 神谷カルロス VS 降谷

漫画「ダイヤのA act2」、最新266話「フルスロットル」のネタバレ感想です。青道と稲城実業の決勝戦。初回、青道の攻撃。小湊はサードゴロ、白洲はセーフティバントで倉持が3塁へ。得点のチャンスに御幸がバッターボックスに。しかし成宮の初球に対してピッチャー正面となり1回表は終了。

 



スポンサーリンク


 

266話の続き、ダイヤのA最新267話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 265話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 265話の振り返り

 

ダイヤのA act2 265話 ネタバレ

小湊はリードするくらもちが気になり成宮が変化球で攻めてこないと読む。成宮はカットボールで勝負。サードゴロとなってしまうも倉持は2塁へ

続く白洲はセーフティ。倉持は3塁へ。そして迎えるのは御幸。成宮と御幸の勝負に注目が集まる。御幸は成宮の初球を捕らえるもピッチャー正面となりアウト

 

ダイヤのA 最新 266話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 稲城実業 1回裏

スリーアウトとなり攻守交代
ベンチに戻りながら成宮は当てられたんだけど!と多田野に小声で愚痴る

 

(危なかったーって感じてたんですね。冷静だったからヨユーなのかとばかり)

 

 



スポンサーリンク


 

守備につく青道
バッターボックスには神谷カルロス

カルロスは降谷との勝負を選抜見て以来楽しみにしていた
ベンチからノリの応援する声が聞こえる

降谷の初球
155kmのストレート

剛速球に湧く観客席
2球目、3球目と外ずれてしまいツーボールワンストライク

 

(155km!! アツい!!降谷の投球なんだかひっさしぶりな気が・・・)

 

4球目
外れた球に上手く反応し、センター前へのツーベースヒット
続く白河が送りバントし、早くも三塁へ

 

(ええええええ、剛速球に感心してたのに。。まさかいきなりピンチ!!)

 

バッターボックスには早乙女
降谷は御幸の指示通り、3塁のカルロスには目もくれず
目の前のバッターに全集中していた

 

あと2人ですか。いきなりのピンチに肝が冷えますが
初回はともに0点で終わると思っています。稲実クリーンナップ相手にビシッと抑えてくれると気持ちいいですね

 

青道 VS 稲城実業

1回 0 –

 

青道
1番 ショート 倉持洋一
2番 セカンド 小湊春市
3番 ライト 白洲健二郎
4番 キャッチャー 御幸一也
5番 ファースト 前園健太
6番 ピッチャー 降谷曉
7番 センター 東条秀明
8番 サード 金丸信二
9番 レフト 麻生尊

 

 

 

稲城実業
1番 センター 神谷カルロス俊樹
2番 ショート 白河勝之
3番 ライト 早乙女慎一郎
4番 ファースト 山岡陸
5番 ピッチャー 成宮鳴
6番 キャッチャー 多田野樹
7番 サード 矢部浩二
8番 レフト 神宮寺司
9番 セカンド 江崎卓

 

ダイヤのA 267話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。