ダイヤのA 274話 ネタバレ 感想 稲実戦 ヒーローは麻生?

漫画「ダイヤのA act2」、最新274話「血沸き肉踊れ」のネタバレ感想です。青道と稲城実業の決勝戦。4回裏降谷は多田野と矢部を三振におさえる。7奪三振に湧く観客席。5回表の降谷の打席、成宮の三球目を捕らえて出塁した

 



スポンサーリンク


 

274話の続き、ダイヤのA最新275話のネタバレ感想はこちら

前話、ダイヤのA 273話のネタバレ感想はこちら

 

前話 ダイヤのエース act2 273話の振り返り

 

ダイヤのA act2 273話 ネタバレ

青道と稲城実業による決勝戦。4回裏。多田野と矢部を三振におさえた降谷。観客席はセンバツの降谷が復活したと大興奮。しかしベンチでは投球数を懸念し、変えどころを決めあぐねていた

5回表、降谷が打席にたつ。成宮の3球目を詰まりながらも打ち返し、出塁をはたした。

 

ダイヤのA 最新 274話 ネタバレ 感想

 

青道 VS 稲城実業 5回表

出塁した降谷は体中の血が暴れるような熱い感覚を感じていた
続いてバッターボックス入りした東条は送りバントを一球目からキメる

 

(東条は振って活躍してほしかったですが、さすがイケメン仕事をちゃんとしますね)

 

バッターボックスの金丸は監督から事前にストレートに強いということは稲実にバレているだろうから
内側に入る変化球を狙えと指示されていた

成宮の初球、外角低めのカーブを見送った金丸
多田野はストレート待ちなのだろうと察し、続いても変化球を要求
金丸が見事にあわせる

 



スポンサーリンク


 

 

(かねまるーーー!!)

 

長打かというあたりだったがカルロスがスライディングキャッチ
ツーアウトで打席に立つのは麻生

 

(いやーー抜けたと思ったのに。でも回が進んで少しずつですが打てる感じというかゲームを打って作れそうな感じにはなってきましたよね)

 

麻生は成宮は自分なんぞにはチェンジアップは使わないだろう
成宮を打って自分がヒーローだと気合が入るも、成宮の初球はチェンジアップだった
2塁から食い入るように見ていた降谷に牽制球が飛ぶ

 

(出塁した間も成宮研究なんて、降谷更に成長しそうですね、熱く燃えて絶好調ですね)

 

結局麻生は三振に終わり、成宮は6奪三振となる
ベンチに戻る降谷が成宮はすごいというと、すかさずお前も負けていないと沢村はフォローした

 

 

 

麻生がこの試合でヒーローになると燃えますね(笑)
前日から気合は入っていたので、この試合で何かはやってくれそうな気はしますね

ちょっと打席にも期待ができそうな展開になってきました
同時に降谷にも疲れが見えだす頃だと思うので5回裏の投球心配ですね

 

青道 VS 稲城実業

1回 0 – 0
2回 0 – 0
3回 0 – 0
4回 0 – 0
5回 0

 

青道
1番 ショート 倉持洋一
2番 セカンド 小湊春市
3番 ライト 白洲健二郎
4番 キャッチャー 御幸一也
5番 ファースト 前園健太
6番 ピッチャー 降谷曉
7番 センター 東条秀明
8番 サード 金丸信二
9番 レフト 麻生尊

 

 

 

稲城実業
1番 センター 神谷カルロス俊樹
2番 ショート 白河勝之
3番 ライト 早乙女慎一郎
4番 ファースト 山岡陸
5番 ピッチャー 成宮鳴
6番 キャッチャー 多田野樹
7番 サード 矢部浩二
8番 レフト 神宮寺司
9番 セカンド 江崎卓

 

ダイヤのA 275話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。