アオアシ 最新 144話 ネタバレ あらすじ 感想 ロープ練 杏里のゴール

漫画「アオアシ」の最新第144話「Practice Hard」のネタバレ感想です。望コーチにアドバイスを貰いにいった黒田と大友。黒田はエリート意識が強く、大友はずば抜けたメンタルの強さを持っていると指摘される。ビッグコミックスピリッツ2018年33号掲載エピソードです。

 

 

144話の続き、アオアシ最新145話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 143話のネタバレ感想はこちら

 

前話、アオアシ 143話の振り返り

 

アオアシ 143話 ネタバレ

黒田と大友は望コーチの元へアドバイスを貰いにやってくる

望コーチは黒田をエリート意識が高いと評する。黒田は愕然とする。

望コーチはユースはエリート意識の高い人間の集まり、その清涼に葦人や阿久津のような淀みが必要なのだと福田監督が言っていたと説明

大友に対してはずば抜けたメンタルの持ち主で主将気質だと褒めた。ふたりは寮に戻ると冨樫の提案に即答し、翌日の夜練から参加しはじめた

首を意識的に振る冨樫に葦人はアドバイス。しかし葦人はまだロープでつながったままの守備に難しさを感じていた

 

アオアシ 最新 144話 ネタバレ 感想

 

待望の木曜日
福田監督が練習に参加してくれる木曜日がやってくる
都と杏里は駅でばったり遭遇
練習へ向かおうとした時にふたりは何かを目撃

 

 

 

葦人はまだロープに慣れないまま、ロープを張らせてしまう
そうこうしてる隙に杏里がゴールをキメる

 

杏里すごい(笑)

 

葦人はロープ練習が自分にはぴったりだと福田監督に興奮気味に伝えるも
監督は選手たちのアドバイスのメモ取りで忙しく無視

福田監督は冨樫に唐突に寮から下道を通って学校へ行くまで
赤い看板がいくつあるか尋ねる
冨樫は必死に思い出し、3と応える
監督は葦人にも答えを促す。葦人はスラスラと7と応えた
クイズに正解したのは葦人、監督は24時間ありとあらゆるものを正確に見るようにアドバイス

 

葦人が天才っぽく見える!
こんなこと聞かれて、思い出して数答えられるって凄いわ
家から駅までの道のりで自分も同じこと思い出そうと思ったけど・・・無理だ

 

福田監督は選手たちに次々とアドバイスのメモを手渡す
朝利と竹島は明日のAの紅白戦でサブ組に入るように言われる
葦人はアドバイスを期待したが、まさかのアドバイスなしだった

 

 

 

せつねー。アドバイスなし(笑)
大友も「ガーン」って言ってるのを見るに、同じくもらえなかったのかなメモ

やけ酒ならぬ、やけポカリする葦人
大友はショックでベンチで寝込む

やっぱ大友もらえてなかったーー(泣)

 

大友と葦人がアドバイスもらえないのは、出来てなくてもちゃんとやることはやってるという無言のメッセージでしょうか?

少し痩せたかと葦人に声をかける杏里
よければお弁当作ってこようかと頬を赤らめる
葦人は悪いし、花が作ってくれた献立表があるからと断る
それから葦人は花にしばらくあってないことを思い出し、想いに耽る

 

葦人・・好意に気づいてやれよーーー
杏里がんばって一歩踏み出したのにーーー
残酷なのは杏里の眼の前で花のこと考えちゃってるとこですよ・・

 

都は花の話をしているのかと、会話に入ってくる
練習場に来る途中で栗林とふたりでいるところを見たと言う

「街でわざわざ二人で会うなんて 付き合ってんの?あの二人。」

 

寝込む大友の顔に怒りマークついてて笑う
都も葦人ばりに空気読めないね

 

 

 

ラストシーンは選手たちが寮へ戻ろうとしたところに栗林が登場

「アァー ちょっと訊きたいんだけど、青井どこ?」

 

これはもしかして・・・栗林から花を巡るライバル宣言だったりして!
って、そういう漫画じゃなかった(笑)
花の代わりに献立持ってきてくれたとかですかね。だとしたら優しいねスーパースターなのに

 

アオアシ 145話へ続く
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。