アオアシ 最新 181話 ネタバレ 感想 船橋戦 二原のナハナハ

漫画「アオアシ」最新181話「猛攻船橋」のネタバレ感想です。船橋とエスペリオンの一戦。いきなり攻め込まれるエスペリオン、しかし阿久津と葦人を中心に鉄壁の守備を見せる。船橋学院の夏目監督は守備に舌を巻く。同時に前線に残ったままの栗林と高杉が気になっていた。

 

 

181話の続き、アオアシ最新182話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 180話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 180話の振り返り

 

アオアシ 180話 ネタバレ

エスペリオン 対 船橋 船橋は開始早々にエスペリオン陣地に攻め込む。二原は体型に似合わず強力な加速を武器に大友を軽く振り切る

トリポネへのパスは葦人も想定済み、阿久津の指示の前に動き出せており、ボールをこぼさせる。

再度の二原からの攻撃、葦人はバードアイで動きを読み、桐木と詰めてボールをクリア。船橋学院の夏目監督は守備はもちろん、前線の栗林と高杉が攻め込まれても前線に残っているのが気になっていた。

 

アオアシ 最新 181話 ネタバレ 感想

 

連載再会!嬉しいです。ずっと続き気になってました

 

 

 

エスペリオン 対 船橋 前半
前線の高杉は船橋の攻撃を防ぎ、早くあの形で攻撃のスイッチを入れたいと考えていた

桐木から松永へパス
松永はディフェンスを抜き、栗林へパスしようかというところで
船橋のサミィがすライディングで止める

松永はユース同士ならあり得ない泥臭いプレーだと驚く

 

サミー・ルフィン!いきなり出番キました
トリポネの弟か兄節ありますが、どっちなのでしょう
この顔だと・・・きっと弟な予感

 

夏目監督は栗林に通ってたら、危険だったと
エスペリオンのスイッチが入る前の先制点が必要だと考える

 

 

 

船橋の反撃
トリポネと二原は外に大きく別れて前線へと上がる
葦人と小早川の両サイドバックが対応へ向かう

福田監督と望コーチは監督の指示なしに真ん中が厳しいと判断し
弱点になりえる1年葦人の左SBと
本来左なのに右SBをしている小早川のSBを突き
即ワイドへ切り替えた二原とトリポネの戦術に驚く

 

点獲りまくるハズが・・・序盤はまだまだ船橋のターン続きますね

 

一定の距離を保ちゾーンディフェンスに徹しようとする葦人
しかし二原は「あっ。」とつぶやいて、意表を突き葦人を抜き去り中へ

 

二原のキャラ、ヤバイ(笑)
ナハナハって何 笑笑

 

二原の速さに驚く葦人

 

 

安田は中へと入ってきた二原へパスが出したかったが
阿久津のポジショニングのせいで思った場所へ出せない

葦人は急に止まった二原にぶつかってしまいファウルを取られる

 

ビクともしない二原に対し、顔を打ち痛がる葦人
ふと見上げると阿久津の姿が
阿久津は戦車にプロペラ機がつっこんで動きを止める気かとつぶやく

葦人はプロペラ機という言葉に何かヒントを得た

 

阿久津、いつもはイヤな奴ですが
試合となると頼もしいです。
いつぞや福田監督に叱られた教訓からか、葦人にもちゃんとアドバイスしてる!

しかも的確なアドバイスぽいですね。
葦人はこれでプロペラ機バリのバードアイを使ってディフェンスを完璧にするのでしょうか

 

船橋のフリーキックは外れる

冨樫にゾーンディフェンスじゃなくマンマークだと指示を出す阿久津
トリポネは冨樫、そして二原は自分でやろうとする阿久津だったが
葦人が立候補する

 

 

 

あぁ、DF陣なんかいいチームじゃないですかあ!
冨樫と阿久津のコンビもなんか新鮮
敵から見たらほんと怖いコンビだろうな・・・

 

葦人は目を閉じてマンマークをものにしようと集中する

 

葦人、試合中に目を閉じちゃって大丈夫なのでしょうか(笑)
次回はバードアイで読み切った動きに実際に対応できるか。ですね

二原がトリポネより断然目立ってる
いいキャラしてるし、葦人がミスって早々に一点獲られる展開もアリえますね

平が後半に出てこれる確実な点差は何点なのかな?3点差くらい?

 

アオアシ 182話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。