アオアシ 最新 184話 ネタバレ 感想 船橋戦 先制点を決めたのは?

漫画「アオアシ」最新184話「高杉、執念の結果」のネタバレ感想です。エスペリオン 対 船橋 栗林からバスをつなぎ高杉はかつてから福田監督が語っていた理想の攻撃形を完成させようとしていた。ゴール前フリーでパスを受けた高杉のシュートは・・・

 

 

184話の続き、アオアシ最新185話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 183話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 183話の振り返り

 

アオアシ 183話 ネタバレ

エスペリオン 対 船橋 栗林にパスが通る。船橋は二人がかりで止めに入るも歯が立たない

夏目監督と船橋DF陣はエスペリオンの中途半端なポジショニングから何を狙っているのかがわからなかった

高杉は中1の頃、福田監督から求められていた理想の攻撃スタイルを今日完成させてみせると意気込む

平は高杉の意図を読み取り、鼓動が高鳴る。再度中途半端なポジショニングを取るエスペリオン

桐木、大友、遊馬とパスが渡り、高杉がゴール前でフリー、シュートを放った

 

アオアシ 最新 184話 ネタバレ 感想

 

エスペリオン 対 船橋 理想の形
船橋ゴール前
フリーでパスを受けた高杉が放ったシュートはキーパーの脇を抜けてゴールへ吸い込まれていく

湧くエスペリオン

 

 

しかしオフサイドの判定
福田監督はギリギリ抜け出せたと思うけどと首をかしげる
オジェックはオフサイドじゃないよね、皆気落ちしてなきゃいいけどと案ずるが
隣の平は理想形が成功したことを理解し、すごいと大興奮

 

せっかくアツい男、高杉パイセンのゴールが見れたと思ったのに!!
オフサイドとか・・・

でも興奮する平の火照った表情、めちゃ新鮮でいいですね

オジェックたちがわかってないってのもまた。。。Jrユースを体験した人間達だけの絆を感じます

 

自分たちがやれたことにまだ実感がわかない様子のFW陣
高杉は次は決まるぞと気合を入れ直す

 

 

再度、エスペリオンが攻勢に
船橋のベンチはブロックを作りスペースを消してるのに、どうしてこんなに簡単に回されるのかと困惑

ペナルティエリア前、中央でパスを受けた遊馬
右サイドに斜めに走り込んだ栗林
遊馬から右サイドに走り込んで来た、小早川へパス
小早川から栗林
スルーパスで中央に走り込んできた高杉へ

 

流れるようなパスワーク
そして、栗林がいることの精神的安定感(笑)

なによりも何かが爆発しそうなドキドキ感
エスペリオンの選手達が嬉しそうなのが更にそれを加速させます!!

 

キーパーとの1対1
高杉は平へ心の中で語りかける

 

 

実現不可能と思われたことが
仲間と共にできるようになるのを見て心踊らないかと

高杉が左足でシュートを放つ

 

夏目監督は3レーンの概念で動いてるのではなく
これはファイブレーンだと気づく

高杉のシュートが船橋のネットを揺らした

 

高杉幻のゴールが現実に!!
いや・・・オフサイドだったからこのエピではもう決まらないもんだとばっかり・・・
アツい!最後の平へのメッセージとか目頭熱くなります

平は考えを改めるきっかけになるのでしょうか
確かにずっとやろうとしてたことが出来たのを見たら・・自分もやってみたくなるよね!
ウズウズしてるかなー

 

 

 

ファイブレーンって何?ってググりましたところ
エピ中にもあったゴールに近づく方法が中央右サイド左サイドと3つしかないという概念じゃなく
それを5つに割って考えるってことなんですね(超ざっくりw)

次号で夏目監督が詳細語ってくれるのでしょうか
なんだか葦人にピッタリな考え方なような気がしますね

 

アオアシ 185話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。