アオアシ 197話 ネタバレ 感想 船橋戦 葦人戦意喪失か

漫画「アオアシ」最新197話「今日ではなかった」のネタバレ感想です。船中の練習試合、トリポネはフリーキックのチャンスに選手達からボールを託される。仲間の大切さを実感したトリポネ、試合では4得点と大活躍。試合後の対戦相手の監督からのクレームには夏目監督がアツい対応をする。

 

 

197話の続き、アオアシ最新198話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 196話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 196話の振り返り

 

アオアシ 196話 ネタバレ

船橋中の練習試合、トリポネは選手たちからフリーキックのボールを手渡される。選手達はさっきの弟への非礼をサッカーで返すのだという

戸惑うトリポネに選手達はこのチームには仲間を貶めるようなやつはいないと説明する。フリーキックは決まらなかったが、その後も選手達は必死にボールをトリポネへ集める

トリポネは4点を獲り試合に圧勝。対戦相手の監督が夏目監督にクレームをいれるも、監督は君のような人間から選手を守ると譲らなかった。

トリポネは当時を思い出し、監督、選手、チームのために尽くすと闘志を燃やす。葦人は最強のチームだと理解し、だからこそ負けたくないと考えた。

 

アオアシ 最新 197話 ネタバレ 感想

 

葦人の精神状態

 

夏目監督はトリポネとのある会話を思い出す
自分のような境遇な選手は増えてきていて、皆傷つく言葉と戦っているというトリポネ
夏目監督はトリポネが活躍することで多くの人へのメッセージとなると励ました

 

 

 

トリポネは応援したくなるキャラですね
夏目監督も表情筋固いけど、温情派
過去編からすっかりトリポネ主役モード

 

後半19分
葦人はトリポネにボールを奪われてしまう
高杉がスライディングで取り返すがエスペリオンの選手達は皆足が重い

望コーチは5レーンには圧倒的メンタルが必要だった、トリポネの一点は衝撃的だったと分析

 

なんてこったい
5レーンの最強感たら無かったのに
もう後半は使えないってことなのでしょうか

 

福田監督は先程の失点を考えると
最初から葦人を狙われていたのだろうと語り
葦人と平を交代させるという

 

 

 

OMG!ここで葦人交代ですか
期せずして平の出番なのか
もうこれはエスペリオン敗けちゃう展開ですかねー

 

夏目監督は動揺が収まらない葦人を見つめ
良いサイドバックだが未熟だと考えていた
前半終了間際のゴール前でのプレー
右サイドバックの小早川へクロスを合わせていたら間違いなく失点していたが
何か(攻守コンプリート)に執着してシュート性クロスを選んだのだと。
何かに執着している葦人に即クロスはないと考え、後半は葦人側のサイドを開けて攻撃し
前が空いていると錯覚させるようにと指示したのだった

 

夏目監督、葦人が攻守コンプリートにこだわってるとこまでは流石にわからなかったけど
ほぼ全部見極めてたのか・・・すごすぎる
エスペリオンが勝っても敗けても、葦人にアドバイスくれると嬉しいなー

 

 

 

二原がシュート
阿久津が止める。こぼれ球を葦人が拾おうとするがトリポネに阻まれる

夏目監督は葦人を末恐ろしいサイドバックだと評価しつつも
今日こちらの作戦を超えるプレーができる選手ではなかったと語る

 

夏目監督の勝利宣言とも取れる発言
このまま残り20分、船橋ペースなのでしょうか
あんなにギラギラしてたのにな・・・5レーンで平の出番つくるぞって・・・

 

葦人は掴めそうだった感覚が遠のいていき、徐々に恐怖に変わるのを感じる
エスペリオンで積み上げてきたサッカーの常識が世界基準フィジカルのトリポネに通じないことを理解する

 

ヤバい・・葦人ぶっ壊れてしまいそうだ。はやく平だしてあげて!!

 

 

 

花は堪らず立ち上がり、あれは葦人じゃない、落ち着いてと声を上げる
逃げたいと脚が震える葦人、その時頭に浮かんだのは微笑みかける花の姿だった

 

花は葦人に声をかけた時に一瞬福田監督の選手時代が重なってましたが
あれは怪我する悪い予感がするって伏線でしょうか

逃げ出したくなり戦意喪失モード間近の葦人、頭に浮かんだ花の姿で正気を取り戻すのか
それともそのまま交代となってしまうのでしょうか

交代だったらこのまま負けちゃいそうですね
頭の中に浮かび上がった花ちゃんがどうにかしてくれないかなー

次号・・休載!

 

アオアシ 198話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。