アオアシ 200話 ネタバレ 感想 船橋戦 鬼気迫るエスペリオンの奇襲

漫画「アオアシ」最新200話「THE LAST BARK」のネタバレ感想です。船橋戦、ハンドで退場となった葦人。交代予定だった平の出番はなく、代わりに大友と交代でオジーが登場。栗林は船橋を素晴らしいチームだと賞賛しつつ、まだ闘争心が残っている奴はいるかと問うた。

 

 

200話の続き、アオアシ最新201話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 199話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 198話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 199話の振り返り

 

アオアシ 199話 ネタバレ

レッドカードを受けた葦人は震えたまま動けずにいる。阿久津はさっさと出ろと告げる。PKはトリポネが決め船橋が2-1でリード

阿久津は平が出るからとチームを鼓舞するが平は首を横に振る。代わりに大友と交代したのはオジーだった。阿久津は全て葦人のせいにしたかったが、失点の責任は自分にあると考えを改めた。

栗林は船橋をエスペリオンのような「個」ではなく組織を重視する素晴らしいチームだと賞賛。そしてまだ闘争心が残っているやつがいるかと問う

 

アオアシ 最新 200話 ネタバレ 感想

 

連載200回記念!巻頭カラーでした
もちろん葦人が見開きカラーで登場だったのですが、あえてのセピアというかグレイトーンで
まさに今の葦人の気持ちを表現してますね!

 

 

そして1/30発売の19巻限定版にはエスペリオンのユニフォームが!!
いろんなおまけ付きを見てきましたがこれはヤバいですね、どうやって梱包されてるんだろう(笑)

 

エスペリオン奮起

1点差
試合時間は残り15分

狂気を感じさせる微笑みを携えて、栗林は闘争心の残っているヤツはいるのかと問う
誰も応えないことに業を煮やし、栗林は予想できないことばかり起こる素晴らしい試合なのに
どうしてそんなに情けない顔をしているのかと指摘

そして高杉に皆を焚き付けておいて、もう戦意喪失かと煽る

 

栗林策士ですね。阿久津じゃ動かないけど栗林に言われたら皆ドキッとするし
これでやる気取り戻すでしょうか

 

 

 

平のこともその程度の気持ちだったなら、他のメンバーには雑念くらいでしかなかったろうと煽りを続ける
すると桐木を皮切りに次々とヤルと選手達は反応する

福田監督はこちらの時間が必ずまたやってくるから、その時に奇襲に出ると提案
できるか訊かれた選手達。押し黙っていた高杉はやらせてくださいと闘志を取り戻す

 

栗林の戦略がハマりました!まずは同点にしたいですね!!高杉に決めて欲しい

 

試合再開
エスペリオンは10人と1人少ないながらも全員でハイプレス
抜かれれば一巻の終わり
二原がDFを抜く、そこへ桐木がすかさず走り込みスライディング
こぼれ球を船橋が拾うが、今度は高杉が詰めてボールはサイドラインを割った

 

 

 

気迫感じるプレーの連続!!
高杉はやっぱ必死な感じが似合う(笑)

 

全員で必死にボールを追いかけるさまを見て
平の頭には中学の頃から一緒にやってきた思い出が蘇る

荒ぶる阿久津を無理やり練習後のお好み焼き屋に誘ったこともあった

 

ああ。。。平泣いちゃうパターンかな
私もうるうるキタ

 

阿久津は叫びながらパスカット
後半40分
エスペリオン気迫のプレーを前に、船橋のフォーメーションに緩みが生まれる
阿久津は栗林の掛け声でキーパーへバックパス

 

 

栗林は何かを企むように微笑んだ

 

これが「奇襲」のはじまりですか。
何が始まるのでしょう。一気に中盤までパスだとふつーだしな・・・全然わからない(笑)

 

ベンチでひとりうなだれる葦人に福田監督は見るべきものは見ておけという
葦人はゆっくりと顔を上げた

 

葦人の顔やべー
栗林が葦人に何を見せるのか
葦人は何を学ぶのか
背中で語る、プレーで見せるってエスペリオンの先輩らしい感じしますね

とにかく勝って少しでも葦人と平の気持ちを楽にしてあげて欲しい

 

アオアシ 201話へ続く
 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。