アオアシ 223話 ネタバレ 感想 青森星蘭 VS 船橋学園 予想外の青森の戦術

漫画「アオアシ」最新223話「沼のような」のネタバレ感想です。葦人は船橋と青森星蘭の試合を見にやってくる。スタンドには花の姿が予期せぬ再会に戸惑う葦人。グラウンドの北野はエスペリオンが観戦に来ていると知り、葦人を探し目を合わせた。

 



スポンサーリンク


 

223話の続きアオアシ最新224話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 222話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 221話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 222話の振り返り

 

アオアシ 222話 ネタバレ

葦人が船橋と青森の試合を見に千葉の会場へやってくると花の姿が。予期せぬ花の登場に動揺する葦人だったが花は普段どおりにふるまう

大友は竹島や遊馬も誘っていた。それは朝利と黒田が来やすいようにするためだった。遊馬は元エスペリオンの槇村に声をかける。槇村は無視。北野はスタンドに葦人がいるのに気づき目を合わせる

 

アオアシ 最新 223話 ネタバレ 感想

 

青森星蘭 VS 船橋学園

船橋と青森の試合が始まる
葦人と杏里はすぐに青森が4-2-3-1じゃないことに気づく

 

船橋の選手達はここで青森を食い、全国を獲ると鼻息が荒い
北野が選手に指示を出すが
隙を突いてトリポネがボールを奪い青森ゴールへと突進

 

 



スポンサーリンク


 

始まりました!!青森が勝つとわかっていながらもトリポネたちを応援してしまいますね

 

夏目監督は選手達を見つめながら考える
圧倒的な技術は高校サッカーではなかなか身につかない
だが努力すれば結実するのがカウンターサッカー
素晴らしいFWを得て3年間信じた努力のカウンターサッカーが船橋のスタイルだと

 

今日も激渋な夏目監督
熱いモノローグ。これで船橋は見納めですかね

 

二原からトリポネへとパスが繋がり
トリポネがシュート
強烈なシュートだったが槇村が反応

 

葦人は利き足と逆であのシュートができるとはトリポネはやはりすごいと感動

成宮監督は清吉に緩いからこうなる、もっと集中して極端にやれと指示
大友は船橋のカウンターを見たら恐怖で止まっちゃうんだよなーと語る
都は青森は全然クロアチアのようなスタイルをしていないと指摘
杏里は守備四枚に加え、中盤両サイドの選手まで守備に下がっている
フォーメーションは4-5-1だと説明
大友はそれってドン引きじゃんと反応

 

 



スポンサーリンク


 

ドン引き(笑)
かなりの守備的布陣。船橋と同じくカウンターを狙うということなのでしょうか

 

青森はパスを回しながら最終ライン付近で停滞
サミーはたまらずトリポネの個人技に期待してパス
北野は守備陣に指示
トリポネはまるで沼に足を捕られたようなやりにくさを感じる

杏里は青森のスタイルを見て無敵のリヴァプールにこの布陣で臨んだチームがあると気づく

 

次回は早速ですが青森のターンですか
北野が司令塔として指示出しまくりなのが意外でした
もっと寡黙にプレーするのかと

不気味なのは成宮監督ですね。焦りも全く感じません!

 

アオアシ 224話へ続く
 

 



スポンサーリンク


 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。