アオアシ 235話 ネタバレ 感想 青森星蘭戦 北野 最初の指示

漫画「アオアシ」最新235話「躍動する右」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン キックオフ開始から青森星蘭のハードプレスを警戒するも青森星蘭に目立った動きはない。山田が右サイドから爆走しゴール前に迫る。惜しくもゴールラインを割り、エスペリオンのコーナーキックとなる。

 



スポンサーリンク


 

235話の続き、アオアシ最新236話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 234話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 233話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 234話の振り返り

 

アオアシ 234話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン、キックオフ。立ち上がり青森星蘭はハードプレスにはこない。エスペリオンの山田が右サイドバックを爆走

ゴール前近くで遊馬、高杉とパスを回し山田はゴール前に走り込んだ橘へとパス・・・かと思いきやぎりぎりで羽田がセーブ

大友、葦人、橘はセレクションの時に感じた絶望を思い出し、今やそれが仲間かと思うと勝てる気がすると話す。

 

アオアシ 最新 235話 ネタバレ 感想

 

エスペリオン VS 青森星蘭 前半

桐木のショートコーナー、大友が受け取り再び山田へ
山田から高杉へと繋ぎシュートのチャンス
しかし槇村が飛び出してセーブ

 

 



スポンサーリンク


 

槇村気迫のプレー。鬼の形相からこの試合に気合入ってるのが解りますねー

 

リスタートした青森のボール、冨樫が胸トラップで阻止
また右サイドから山田が攻め上がる

葦人は山田の加速力や足下の技術に驚愕
いつぞや、福田監督からFWに向いていない理由として言われた資質を山田は全てストロングポイントとして兼ね備えていた

 

山田って今までどこにいた?ってくらいの活躍っぷりですね

 

しかし葦人は不思議と悔しくはなかった
福田監督は、それは葦人が目指すサイドバック像ではないからだと解っていた
技術でもフィジカルでもない葦人にしかできない、サイドバックの形があると

阿久津と話した内容で、この試合なら葦人が進むべき道を100歩先に進めるはずだと

 

これはアツい!!
福田のおっちゃんマジで期待させますね。
葦人が試合中に圧倒的成長を見せるのかと思うと、これから楽しみです。何がトリガーにナルのでしょうか、対北野ですかね?阿久津とのコンビネーションにより覚醒とか?

 

北野はベンチの成宮監督と時計が10分過ぎたことを確認
ポゼッションで良かったとつぶやき、放り込んできただけならつまらない1日になるところだったと考えていた

北野が右手を挙げるのを青森星蘭の選手たちは見逃さなかった

 



スポンサーリンク


 

葦人はその頃、右サイドバックが攻撃参加中に左サイドバックは残るというルールに従い、攻撃参加出来ずにいた
同じ状況に朝利もガノン戦でなっていたんだなと理解する

 

何かが起こりそうですね・・・ドキドキ

 

高杉が一度左サイドで落ち着かせろと葦人へパス
しかし羽田が急進し、ボールを奪いに来る

 

葦人は危うくボールを奪われそうになるが、エスペリオンボールでサイドラインを割り難を逃れる
いきなりスイッチが入ったことに肝を冷やした葦人
そして、周りを見回すと青森星蘭の選手たちが全員自分の方を見つめていることに気がついた

 

怖い・・・狙われてる葦人。
山田と比べるとしょぼくって狙い目ってことでしょうか・・でも守備だと葦人もそう簡単に崩れないと思うし、北野がそんなに単純な戦術を命じるかなー

はやく葦人と阿久津の連携がみたいですね!

 

アオアシ 236話へ続く
 

「アオアシ 235話 ネタバレ 感想 青森星蘭戦 北野 最初の指示」への2件のフィードバック

  1. オーラゲイザー

    青森のメンバーが葦人に注目する理由ですが、葦人が守備の穴だからではなく対峙するエスペリオンメンバーのなかで最も警戒されているからではないでしょうか?

    青森視点、それまで暫く試合に起用されなかったというのに、プレミア最終戦、お互い分水嶺ともいうべき試合でスタメンを張る選手それが葦人です。

    俯瞰でゲームを捉えられる選手がどれ程恐ろしいかということを北野がいるチームである以上嫌というほど知らされていることでしょう。

    葦人視点、ろくに知名度もない一年坊である自身がプレミア最強候補の一角から最大の警戒を受ける展開というのは嬉しくもあり悲しくもあり、いずれにしても未知の世界での闘いを余儀なくされます。そんな状況で葦人はどう立ち回るのか?というのが今回の青森戦におけるテーマの一つであると思います。

    1. オーケライザーさん
      考察ありがとうございます。なるほどー葦人がキーマンだと見抜いたということですね。敢えてここまで大活躍の山田パイセンではなく!
      だとすると胸アツな展開ですよね。葦人は自分がそこまで警戒されていることを知ったら喜びそうですね(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。