アオアシ 238話 ネタバレ 感想 青森星蘭戦 秋山は大馬鹿なのか?

漫画「アオアシ」最新238話「視線の先の攻防」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン 前半。山田へのパスコースをすべて塞ぎ、左サイドバックの葦人へボールが集まるようにマンツーマンで仕掛けたのが成宮監督の作戦だった。福田監督が遂に対策に動き出す。

 



スポンサーリンク


 

238話の続き、アオアシ最新239話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 237話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 236話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 237話の振り返り

 

アオアシ 237話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン、葦人だけでなく他の選手たちにもマークがついており、山田へのパスコースを潰しボールが葦人へ集まるように青森が仕掛けていることが判る

成宮監督は葦人にボールを集めるためエースの羽田をマンツーマンさせたのだった。清吉と成宮監督は葦人が過去1対1で突破したことが無いことを知っていた

成宮監督はこの戦術はノーリスクハイリターンだと語る。福田監督は秋山と阿久津に目をやる。

 

アオアシ 最新 238話 ネタバレ 感想

 

エスペリオン VS 青森星蘭

自分がフィールドで一番足下の技術がおぼつかないから、エースの羽田がついているのだと理解し悔しがる葦人
羽田は北野から事前に葦人は目が良いから気をつけてと言われていたとおり、2度ボールを奪いに行くも失敗したことを思い出しながら警戒心を最大限に高めていた

 



スポンサーリンク


 

葦人は前を向いてどこかに出せないか探るも、どこにも出すところが無いことに気づく
阿久津の方へ視線をやり、もう一歩マークが付いている9番の少し前に出て身体を向けてくれたらと考えていたら
阿久津は葦人の意図を察したかのような動きをする

 

この動きは葦人と阿久津の度重なるミーティングの成果でしょうか
視線だけでここまで意思疎通できるってすごい

 

しかし葦人が阿久津へバックパスすると同時に、動きを読んでいた羽田がボールを奪いに走る

葦人はパスまで読まれたことで試合開始15分目にして絶望

羽田がフリーで抜けて先制点かと思われた次の瞬間
羽田の目の前に、なぜか秋山の姿が

秋山は羽田からボールを奪い返す
湧く観客席

 

うおおお、秋山かっけえー
前話の福田監督への目配せは前に出るよっていう宣言ってことですか?
めっちゃ勇気あるよね

 

 



 

羽田は振り返り秋山の後ろからボールを奪いに行く
秋山の前には青森星蘭の19番佐々木

早く蹴り出せと焦る馬場

秋山はフェイントをかけドリブルで佐々木を抜き
ひとり前線に走っていた桐木へ低いロングパス

 

鳥肌です!!前に飛び出しただけでもすごいのに更にフェイントで抜く!?
ある種異様な光景ですね。
皆の驚きの表情が気持ちよかったです

 

桐木に繋がったように思えたパスだったが、青森星蘭のGK、槇村が飛び出してクリア

観客たち、選手たちは一息ついて、秋山があそこまで飛び出して
ボールを奪い更に佐々木までかわすとは賭けでしかないしもしかしたら馬鹿なのかもと考えていた

 

秋山、羽田に大馬鹿なのか?って思われてて笑う

 

福田監督は弁禅に秋山のプランで行くと告げた
弁禅はポゼッションを突き進むと決めた試合だから。と了承する。

 

 



スポンサーリンク


 

秋山のプラン・・・それは今回のように秋山が積極的に前に出て、マークをひとり分剥がすってことでしょうか?
青森は1人分余計にマンツーマンできないわけで、おのずとフリーの選手が生まれるのかな

秋山のプラン以外にどんなプランがあったんですかね、前話の最後で福田監督は阿久津の方も見ていた気もするので
阿久津のプランってのもあったのかもしれませんね

 

アオアシ 239話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。