アオアシ 241話 ネタバレ 感想 青森星蘭戦 槇村の執念 高杉のシュート

漫画「アオアシ」最新241話「過去にこそ有る活路」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン GKの秋山が攻撃に参加することで青森星蘭のマンツーマンを攻略するエスペリオン。青森星蘭のGK槇村はかつて秋山の友人でライバルとしてエスペリオンで切磋琢磨していた仲だった

 



スポンサーリンク


 

241話の続き、アオアシ最新242話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 240話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 239話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 240話の振り返り

 

アオアシ 240話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン、 GKの秋山と槇村はエスペリオンで中学時代ライバルかつ友人として切磋琢磨していた。しかし槇村は身長を理由に福田監督から中学の終わりで解雇を告げられてしまったのだった。

槇村は福田監督との会話を思い出しながら山田のシュートを防ぐ。青森星蘭の選手たちは秋山にマークがついていないため攻め込まれているのだと理解する

秋山に迫る青森星蘭の選手、秋山は華麗なボールさばきで選手をかわし、前線へパス。ミスすれば即失点につながる作戦だったが、秋山は興奮が抑えられなかった

 

アオアシ 最新 241話 ネタバレ 感想

 

槇村の執念

秋山がパス回しに参加してエスペリオンのポゼッションサッカーがワークしはじめる
槇村は無理に行くのではなくコースだけ切ってくれとメンバーに指示

高杉にパスが通り、ペナルティエリア直前からロングシュートの体勢

 

 



スポンサーリンク


 

決まるかあああ!!!???
たかすぎさあああん!

 

槇村の脳裏に過去のサッカー人生が蘇る

昔から身長で損していると感じることが多かったが、エスペリオンのメンバーを家族のように思っていた
しかし、その思いは身長という同しようもない理由で切り捨てられたのだった

エスペリオンを解雇された槇村は厳しい環境に身を置きたいと申し出て青森星蘭へ

 

いきなり雪かきをさせられて同期のたちはうろたえたが余計なプライドがなかった槇村は言われたことはなんでもやった
清吉は槇村の異常さにすぐに気づき、見込みがあると練習を見てやることに

 

槇村のあの異常な目はエスペリオンでの挫折があったからこそなんですね。
にしてもすごいモチベーション。槇村以外も皆似たようなストーリーがあるのでしょうか

 

身長を補ってあまりある能力をつけるべく、清吉の指示には何でも従った槇村
一度は体幹を鍛えるためと相撲部に入ったことも。

 

 



 

清吉は槇村の試合でのプレーを見て素晴らしい逸材だと賞賛
クラブで培った基礎、天性のセービング能力。
そしてボールへの悪魔的執念

 

槇村は成宮監督じゃなくって清吉が導いたんですねー。面白い。にしても相撲部か(笑)
成宮監督ワンマンって感じでもないんですね、首脳陣は。

 

試合に戻る
高杉のシュートはゴールの右上に吸い込まれていく
エスペリオンのメンバーはこれは入ったと確信し、顔をほころばせる
しかし
槇村は最後に伸びるジャンプで見事セーブしてみせた

福田監督は青森星蘭の選手たちの目に落ち着きが戻ったことに気づき
青森星蘭の逆襲が始まるのを覚悟する

 

エスペリオンは有利にパスが回る間に決めておきたかったですね。
試合が始まる前は葦人・阿久津コンビが北野とどう戦うか・・・って展開を想像していたのですが
序盤はまさかの両チームの濃すぎるGK対決になろうとは。

 



スポンサーリンク


 

秋山のパス参加に比べて槇村はGKとしての能力自体が強い・・みたいな展開なので先制するのは青森星蘭ですかね。
秋山さん、どういう形であれ先制点許すのはショックでしょうね。。。。

 

アオアシ 242話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。