アオアシ 247話 ネタバレ 感想 青森星蘭戦 前半 主役は馬場だ

漫画「アオアシ」最新247話「最後の晩餐」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン、前半残り10分強。北野のセンタリングに羽田が合わせてあわやゴールかという場面に。なんとか阿久津が腹部でキャッチし難を逃れた。バテバテの橘と馬場に福田監督は残り10分の司令を出した。

 



スポンサーリンク


 

247話の続き、アオアシ最新248話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 246話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 245話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 246話の振り返り

 

アオアシ 246話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン、葦人をかわしセンタリングをあげた北野。羽田の足に触れ、ボールは秋山の手をすり抜ける。あわやゴールというところで阿久津が腹部でボールをキャッチ。失点をなんとか逃れた。

北野により青森星蘭がボールを支配するシーンが増える、バテバテの橘と余裕がない馬場に福田監督はふたりをキーにした作戦を告げる

 

アオアシ 最新 247話 ネタバレ 感想

 

青森星蘭 VS エスペリオン

前半残り10分
橘と馬場をキーにして乗り切るという福田監督の指示に戸惑う橘と馬場
馬場に監督は3年間基礎の基礎から教えたつもりだと背中を押す

そして、選手たちに馬場が残り時間北野にマンツーマンすると公言

 

 



スポンサーリンク


 

まさかのまさか、ここまで馬場がフォーカスされるとは!!
そして橘の顔の青ざめっぷりよ・・・

 

志村はメンバーに馬場を信じてやってくれと声をかけた

試合再開
羽田は北野を基点に先制点をと意気込む

エスペリオンが残り時間ドン引きしてくると踏んでいた青森星蘭
しかし予想に反し、エスペリオンはボールを奪いに迫ってくる

北野にボールを集めようとした青森だったが、背後にピタリと馬場がくっついていることに気がつく

 

馬場、10分とはいえ格上の北野を抑えられるでしょうか

 

お好み焼き「武蔵野一番」にエスペリオン3年が集まる
青森戦が3年の引退試合になるかもしれないと語る

小早川の代役を任された馬場は絶対にやり遂げるという
そしてエスペリオンに入ってからこれまでの想いを語る

 

 



スポンサーリンク


 

馬場はいわゆるふつーの選手だったんですね
とはいえエスペリオンの選手なわけだから一般的には上手い部類なんでしょうけどね

 

馬場は義経たちのような化け物を目にし、早々にサッカーは大学に進学するためと目的を変えたのだという
3年たちは青森戦に勝利し、ファイナルへ以降と盛り上がる

 

3年皆仲良しなんですねー。敗けたらこれが引退試合か・・・その視点はなかったです

 

馬場は北野へのピッタリマークを続ける
しかし、葦人はマンツーマンで本当に北野を止められるのかと不安になっていた

 

って最後の橘の顔よ・・自信が微塵も感じられないのですが、この橘に誰がパス出せますかねー・・・
馬場パイセンが男を魅せてくれて、橘も改心するとかですかね・・・でももう時間あんまりないけど

 

アオアシ 248話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。