アオアシ 248話 ネタバレ 感想 北野蓮 VS 馬場 青森星蘭戦 前半残り2分!

漫画「アオアシ」最新248話「アディショナルタイムの攻防」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン、前半残り10分。福田監督は残り時間を馬場と橘をキーにすると伝える。プレッシャーを感じる馬場。しかし敗ければ引退試合となるこの試合にかける3年の思いを胸に、北野へマンツーマンマークをする

 



スポンサーリンク


 

248話の続き、アオアシ最新249話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 247話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 246話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 247話の振り返り

 

アオアシ 247話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン、福田監督は前半残り時間は橘と馬場を中心に組み立てると指示。驚くメンバーに志村は信じてやってくれと声をかけた

北野にマンツーマンマークにつく馬場。3年で試合前にお好み焼き屋に行ったときのことを思い出す。馬場はエスペリオンに入り義経みたいな化け物にあって目が覚めた、それからは大学に入ることを目標にサッカーをやってきたという。小早川は代わりに試合に出る馬場に想いを託す。3年は敗けたら引退試合となる青森戦での勝利を誓う

葦人は北野をマークする馬場のことを心配する

 

アオアシ 最新 248話 ネタバレ 感想

 

エスペリオン VS 青森星蘭

前半残り時間僅か
この時間まで馬場は10分程北野に張り付いて執拗なマークを継続

肩で息しながら、馬場は中学の頃福田監督からマンマークの秘訣は手だと教わったのを思い出していた

 



スポンサーリンク


 

相手の背中に手を置くことで、どちらへ行きたがっているかが感じ取れる
手に相手の動きの察知を任せて、目はボールの行方に集中できると

 

若き日の福田監督今より悪そうに見えますねー(笑)
髪短いのも素敵です

 

ユース最後のサッカーを日本代表と鬼ごっこで終えるのも悪くないと考えていた

アディショナルタイムは2分と伝わる

北野はもう馬場がついて来ても良いからボールを出せと指示
ボールを受け取った瞬間に、奪おうとする馬場
しかし北野は華麗なボールさばきで馬場を翻弄、加勢した大友も全く相手にならず
二人を抜いて前へ
馬場が寸前で足を伸ばしてボールに触れ、軌道が変わる

 

北野かっこいいいい!!足さばきすごすぎます。これは葦人には出来ないだろうな・・・
これが出来るならもっと早くやればよかったんじゃ・・と思うんですが理想の形ではないのかな?

 

 



スポンサーリンク


 

葦人がこぼれ球に駆け寄る
間に合うと予測するも、向かってくる北野の姿とトリポネが重なる

視界が歪み自分の予測が正しいのか自信が持てなくなる
その隙に北野がボールを奪う

羽田へのセンタリングかというところで、阿久津がスライディング
ボールは遊馬に渡る

阿久津は直感を躊躇するなと喝を入れる

 

あぶなかったーー。葦人のあの視界が歪む描写不安になるんですけど!(笑)
阿久津も日本代表ですもんね!北野止めれる人いましたね!!

 

福田監督はここだ!と指示
攻撃に転じるエスペリオン
橘だ!と前線の橘を指差す

 

た・・・橘まさかの2週連続不安な顔で終わりー笑笑

 



スポンサーリンク


 

橘にまわしても決まる気がしないんですが、福田監督の狙いは何なのでしょうか
馬場のマンツーマンは見事にハマりましたけどね

残り時間は2分を切っているのでラストプレーってとこでしょうか
橘、かっこいいとこ見せてほしいなー

 

アオアシ 249話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。