アオアシ 257話 ネタバレ 感想 青森星蘭 後半 志村の大腿四頭筋

漫画「アオアシ」最新257話「シムラ舞う!」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン、後半。途中交代して後半から入った朝利、葦人はわかり合えない関係からはじまり、たくさんのことを乗り越えてきた朝利のことがよくわかっていた。二人、そして1年の見事な連携で青森星蘭に攻め入る

 



スポンサーリンク


 

257話の続き、アオアシ最新258話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 256話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 255話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 256話の振り返り

 

アオアシ 256話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン後半戦。葦人と朝利はお互いが考えていることを理解しあっており、サイドチェンジを利用しながら青森星蘭陣地へ攻め入る

イラつく青森星蘭は朝利に2人迫る、焦る朝利だったが冨樫の言葉で冷静さを取り戻しヒールパス。冨樫から大友へとエスペリオン1年で見事な連携を見せる

福田監督と望コーチはエリート意識の高いユース生たちの中に昇格生、スカウト生、セレクション生などの淀みを入れたことでお互いが引っ張り合い、成長することが出来たと話す

 

アオアシ 最新 257話 ネタバレ 感想

 

青森星蘭 VS エスペリオン 後半戦

前半同様に攻めているはずの青森星蘭だったが
1年にうまく守られてしまっていることからエスペリオンの選手層の厚さを感じ、足が止まる・・・・
となったらいいなと笑う福田監督

現実はそんなに甘くなく
1年、特に朝利は失敗の怖さを知らない
経験不足故、強いが一つ青森がこじ開けてきたら、恐怖と共に崩壊するかもしれないと危惧し
わりとドキドキしているんだと望コーチに伝える

 

 



スポンサーリンク


 

(福田監督がドキドキってなんかイメージには無かったです。かわいい(笑))

 

監督はあいつがいるから大丈夫。ここを守りきれとエールを送る

北野がボールを呼ぶ
朝利がコースを塞ごうとするも、一瞬のモーションで羽田へパスが繋がる

 

(ここで北野出てきたかーーもうちょっとおとなしくしてくれていれば・・・)

 

羽田を追いかける大友、しかしその速さに追いつくことができない
羽田は再び北野にボールを回す

守ると自分に言い聞かせる朝利
しかし北野は股抜きし、ゴール前に走り込んできた途中出場の3年の樋沢へパスが通る
葦人は樋沢が抜け出しを狙っていたのがわかっていたのだが、陸上選手並の瞬発力を前に反応が遅れたのだった

 

(クセのある選手でてきたーー)

 

ゴール前、志村が樋沢に迫る
樋沢は志村を左から抜く・・・・・

 

 

一年たちの表情が曇る
朝利の足元の薄氷にヒビが入る・・・

 

(朝利のガラスのメンタル・・やべーーー。これはピンチ)

 

完全に抜かれたはずだった志村
次の瞬間体勢を切り返し、樋沢のボールを奪い返す

秋山にボールを戻し、秋山は立て直すためにボールをサイドライン外へ蹴り出した

 

(優雅!志村さん優雅!ゴージャス)

 

完全に裏を取ったはずなのにと戸惑う樋沢に
志村は目が泳いでいる、そういう時は太宰を読めとアドバイス

 

(太宰・・もしかして志村、賢い?インテリなの?そして樋沢はやっぱモブだった・・・)

 

望コーチは志村の1対1からの回収率は高校年代最高レベルだと評価
福田監督はクリスティアーノ・ロナウのように発達した、志村の大腿四頭筋が
あの反応速度を可能にしており、後追いでも追いつけてしまうのだと語る

 

志村は1年たちに怖いものしらずな今のうちに、どんどん学べと伝える
朝利たちの顔に笑顔が戻る

後半10分、青森星蘭の攻撃が止まった

 

 

 

志村かっこよすぎるでしょ
怪我で戦線離脱してたのか・・こんないいキャラだったなんて
今まで出してなかったのがもったいないですねー
今まで見た目で判断して怖え人だと思ってましたけど、めっちゃ良き先輩じゃないですか
今回のエピで一気に好きなキャラになっちゃいました!

 

アオアシ 258話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。