アオアシ 261話 ネタバレ 感想 スピンオフ連載開始 青森戦先制点!?

漫画「アオアシ」最新261話「俺は」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン、後半。プレー意識を共有した前線の主力組は冨樫のポストプレーからつないで高杉がシュート。しかし同じくプレー意識を共有できていた槇村がセーブする。

 



スポンサーリンク


 

261話の続き、アオアシ最新262話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 260話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 259話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 260話の振り返り

 

アオアシ 260話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン後半戦。冨樫が見事にポストプレーとワントップ作戦をこなすのを見て葦人は感動。そして何かに気づく

冨樫のポストプレーからの5レーンで青森守備を翻弄。前線の選手たちはプレー意識の共有が出来ていた。それは幼い頃からエスペリオンで共にプレーしてきてエスペリオンの血が流れているからだった。高杉が最後はシュート、しかし同じくエスペリオンの血を分かち合った青森のGK槇村が阻止。高杉たちと同じくプレーのイメージを共有出来ていたのだという

一同驚愕する中、葦人だけはなんてことないって表情で自分が一年と主力組を繋げて点を獲ると嬉しそうに微笑んだ

 

アオアシ 最新 261話 ネタバレ 感想

 

アオアシのスピンオフ、「アオアシ ブラザーフット」の連載が開始!!
葦人の兄、瞬が主役で葦人がVANS戦でゴールした頃に愛媛でくすぶってる頃から物語がスタートします
一度は夢を諦めた男の再起の物語。本編以上のボリュームで読み応えあり、かつ続き気になる展開でした。
葦人と将来的にはライバルになるんですかね。J2 アスレティカ クラブ愛媛Jユース入して葦人と戦う日が来る・・・?葦人がDFなのに対して瞬はFW?フリーキックが得意で足元の技術もありそうで対照的なプレイヤーになりそうですね

 

エスペリオン VS 青森星蘭 後半戦

葦人がゴール前に蹴り込んでくると警戒する青森だったが葦人は大友と連携し細かくボールを繋ぎ始める
予想外の動きに驚く福田監督

 

(監督が驚いているということは、葦人には繋ぐ役割はまだ期待されていなかったということですかね)

 

 



スポンサーリンク


 

パスが繋がり再び冨樫にボールが集まるも、ゴールまでは微妙な距離感
一度自陣に戻すかと考える

葦人は冨樫を手を招いて呼び寄せる、冨樫が自陣へ向かいつつパス
北野は何かに気づき、ついていくなと指示

 

(葦人の思惑どおりに進んでる?北野がゾワっとする演出はいいですね。良いことしてる感がある笑)

 

パスを受け取った葦人
ウズウズしていた遊馬のことを考える
Bチームから這い上がった自分たちとは違い、ずっとAチームだった遊馬
いつでもサッカーを楽しんでいたのを見て、葦人は悠斗が目立ちたがりやで抜け出したがっているのを理解していた

 

(たしかにちょい前から遊馬ウズウズしてた! そしてあんな感じなのに確かに遊馬はずっとAチームでサッカーエリートですよね)

 

葦人からゴール前、遊馬にパスがつながる
抜き出た遊馬は槇村と対峙

 

 

前に一歩出てくるところまで絵が見えたと遊馬
弧を描いたループシュートを放つ

 

(ドキドキドキドキドキドキ)

 

葦人は1人じゃトリポネや北野には敵わない
でも自分には凄い仲間がいる
自分が繋ぐ役目を担い、司令塔になれば北野たちにも届くと考えていた

 

遊馬のシュートが青森星蘭のゴールネットを揺らした

 

遂に先制点
そして、葦人がアシスト!遊馬のシュートという1年コンビで理想的な形での先制点となりましたね。
先制点を獲りに行った福田監督も、葦人起点では想定していなかったでしょうし嬉しい誤算でしょうか

これでようやく後半から眠れる獅子状態だった成宮監督も動き出しますかね?点を取られたのは息子の清吉のせいってことにして・・・

 

アオアシ 262話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。