アオアシ 263話 ネタバレ 感想 青森星蘭後半戦 司令塔葦人

漫画「アオアシ」最新263話「大車輪アシト」のネタバレ感想です。青森星蘭VSエスペリオン、後半。先制点を決めた遊馬。喜ぶエスペリオン。自分のアシストで先制点を生み出せた葦人は司令塔?と自信をつける。後ろの守備が気になりながらも足は前に進んでいた。

 



スポンサーリンク


 

263話の続き、アオアシ最新264話のネタバレ感想はこちら

前話、アオアシ 262話のネタバレ感想はこちら

前々話、アオアシ 261話のネタバレ感想はこちら

 

前話 アオアシ 262話の振り返り

 

アオアシ 262話 ネタバレ

青森星蘭VSエスペリオン後半戦。遊馬の先制点に湧くエスペリオン。興奮する葦人だったが、阿久津に怒られるんじゃないかとビクビクする

優勝するためには勝利が絶対条件のエスペリオン、先制後も積極的に攻め続ける。葦人は阿久津の顔を盗み見ると前に出ても怒った様子はなかった

 

アオアシ 最新 263話 ネタバレ 感想

 

エスペリオン VS 青森星蘭 後半

阿久津の反応が気になりながらも前へ出る足が止まらない葦人

成宮監督が立ち上がろうとし、ふらついたのを見て選手たちは息を呑む

 

(成宮監督、おとなしいと思ったら体調悪いのかな??)

 

 



スポンサーリンク


 

槇村は冨樫へのパスを塞ぐように指示
ボールを持った桐木は冨樫へのパスコースを探す
すぐとなりに葦人が走り込む
アイコンタクトしたふたり、羽田が葦人を気にする

葦人は桐木を研究していて、冷静な桐木よりもVANS戦のときのようなエゴ丸出しのほうが桐木らしいと感じていた
笑顔でサインを送る葦人に応えるように、桐木はDFを抜き中へ
そして見事冨樫にパスを繋いでみせる

 

 (桐木はVANS戦から応援したくなる先輩ですよね!!器用そうにみせて不器用な性格が良き!)

 

葦人は冨樫に足音を聞けとアドバイス
耳を澄ました冨樫は背後から迫ってきていた高杉にパス

 

(冨樫の活躍もまだ終わらない!そして前話から葦人、まさに司令塔な活躍!!)

 

 

 

葦人は高杉はエゴがないプレイヤー
常にチームのためを考えてポジションをしていると気づいていた

高杉はそのままシュートもできたがチームのために得点の可能性が高くなる場所を探す
左サイドから葦人が更に中へ切り込む

 

(そろそろ福田のおっちゃん、葦人に出過ぎ!!ってツッコむのか、それとも褒めるのか・・・福田監督の評価が早く知りたいですね)

 

葦人はDFを引きつけようと更に中へ入ろうとするが、一瞬目の前に北野とトリポネが立っているような気がして足がすくむ
邪念を振り払い、中へとツッコむ葦人
葦人の狙い通りDFが葦人に惹きつけられている間に、桐木が飛び出す
高杉のパスが通る

 

(葦人が見た北野とトリポネは進化する≒未知の領域への挑戦時に感じる恐怖の現れなんでしょうか)

 

桐木のシュート
湧く観客席とベンチ

果たしてボールの行方は・・・・

 

 

 

ラストシーンは成宮監督のどアップ終わりでしたので次週こそ動き出すでしょうか
今後半20分?くらいですかね。なんだかんだもう時間なくなってきているので青森やべーってとこもみせてほしいですね

桐木パイセンのシュートはきっと決まってないんだろうな(笑)

 

アオアシ 264話へ続く
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。